PURPLEROSE

COSMOS & DEEPRED

【宝塚】宙組大劇場公演感想1

宙組大劇場公演
El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-

書きなぐりの感想文です
ネタバレガッツリ&トップさんの話はしてないので
それでもよいというかただけお進みください。


プロローグあたり。
始まりかたが“日本物“って感じで素敵。小袖舞の娘役さんたちをボーッと眺めてたらひろこを発見してかわいくて。鬼剣舞はマスクしてるから誰が誰だか分からないのが痛いけど下級生たちなのよね。がんばってる。
この場面使節団の後ろで激しく踊る船員さんたちがとってもエネルギッシュ。ほまわんたりっついっぷー辺りがまんなかきてるんだけど、激しく希望に溢れてるみたいに楽しそうに踊ってるので見てて元気もらえる。こないだは後ろで踊ってた船員なつくん見つけて、笑顔可愛くて癒されていた。ちなみにここのわんたのビジュアルが好き。
伊達藩の話。眼帯さおさんイケオジで格好いい。襲撃されて瞬く間につれてかれるまりなが結構ツボ(そのあと何事もなくしれっとした顔で戻ってきて合流するとこも好き)←使節団はひなこちゃんがでっかくて物理的に目立つ。やっと顔覚えた気がする!

マドリードの王宮。自由気ままな道化師さんたちが視線全部かっさらって行くのでよく覚えてません。
道化3人組でミュージカルやってるみたいだよね。広々と表情豊かに動き回るの可愛すぎかよ~目力さすがかよ~?ステッキ両手持ちにっこにこセバス超可愛い。話の軸がもんちたちにうつってるとき、えびあーは端で毎回違うことしてる。えびさまから花貰ってにこにこあーちゃんという可愛い日もあれば、思いっきり喧嘩してぷんすこ怒ってる日もあったので本当に飽きない。ステッキとみつめあうえびさまバージョンもあったような?セバスティアンが感情表現豊かな一方、お人形みたいに感情あまりださないえびさま、キラキラ宝石見ながら常ににこにこしてるせとはなさんという3人組。個性バッチリ見てて楽しい。今後もどんなアドリブ見せてくれるのか楽しみにしてるよ道化さん😊

修道院にてまかぜそらもえこの場面。西さんのビジュアル好きすぎる。かっこいい。ほんとに真風さんの先輩なんだって思える芝居してくるので、彼女の芝居力相当高いんだなって改めて思った。トップさんと二人芝居しても競り負けない体格と演技力すごすきて初見動揺したよね。そもそも貫禄あるのがすごい。もえこってこんなにかっこよかった?私の知ってるあの可愛い笑顔の控えめもえこはどこいった?基本的に役によって雰囲気とか演じ方とか変わる人大好きなので、こないだのオーシャンスから大ヒット中のもえこちゃん。こんな演技力見せられたらもっと上目指してほしくなるやつ。陰ながら応援してるよ。
そしてそらくん。ビジュアルより年齢は高いのかな。よくある少年や弟としてではなくて、大人の感情が見えてなんだかゾクゾクした。憎しみの感情が伝わってくる拗らせ役がめっちゃハマってて、これが和希そらの実力だって示されたような気がした。はるみち切ろうとする場面、憎しみと他の色んなもの入り交じった感情を向けてはるみち睨むそらくんの目が好き。そらくんのガッツリ芝居が見たいです。次ずんそら来るかなあ行きたいな。

はるとアレハンドロと出会う治道さん。このあたりはフェルリナンドの用心棒ほまわんたりっつに心奪われてる。悪いやつらだと分かっているのについ見てしまうのは何故ですか。ほまちゃん髭似合いすぎてて渋いしわんちゃんに見下されたいしりっつのチンピラ感も似合うし3人共本当に実力派だよね。こんなに目立つなんて役ついたとき思ってなかった。最後はけるときのわっるい顔したわんちゃんが最高に好き、襲撃シーンとか取り巻きしてるときにもひとり表情コロコロ変えてるわんちゃんも好き。傭兵下級生もみたくてオペラ動かしてたはずなのに最後に戻ってくるのがわんちゃんのとこという現実。この公演でおとされたなって感じる。1月のyoung+楽しみにしてます~!!
そしてエリアスに刺される傭兵さんの名前が知りたい今日この頃。下級生なんだろうけどやけにお髭が似合うのよね。顔が良い。
本筋の方、アレハンドロさんもビジュアル良い。キキちゃんがどんどんお髭の似合う良い男になってくこの感じ嫌いじゃない。キキチャンネタは毎度毎度笑いが起きるので新鮮で良いのでは?(私はもう苦笑いに変わってきた)屈しない治道はかっこいい。

カタリナさん登場。まどち若く感じるので何歳で結婚したんだろうと思わなくもないですが。方言祭りでみんな可愛い。エリアスはいつものずんちゃんって感じがした。拗らせ系でちょっと気が早い感じの。またずん→まどちかと思いつつ今回のビジュアルも最高に好き。マントヒラヒラさせてるのめっちゃ似合うのでずっとマントつけててほしい派です。
見張りしてた少女たちが使節団襲っちゃうシーン、きゃのんさんが干した鶏?持ってきて振り回してるのがほんと笑えるし宿屋って感じでユーモアあるなと思ってみてる。りおくんは包丁だもんねぇ…さっきまで料理してたんだね…とか考えちゃって大乱闘にも関わらずほっこりできる場面。

藤乃のお慕い芸が素敵です。綺麗でしなやかな動きで、こういうの見るたびまたららちゃんが好きになる。重要なポイントだけの出演だけど凄く存在感あった~。素敵だった!
戦場に帰ろうとする回想シーンは白鷺かよ??って思った。すごい見覚えあったし。そんな仲間いっぱいいるって信じてるよ??

少女達と剣術お稽古する使節団。ここのこってぃ、りずちゃんをニコニコしながら指導してて凄い可愛い。「おっやるか~?😊」って感じで、めっちゃにこにこで気さくなおにいちゃんと近所の子って感じ。他の子も見たいなあと思ってる。
カタリナ帰って来て急いで竹刀机のしたに隠す少女たち。いつもなんとか間に合うんだけど、一回だけ間に合わないときがあって、きゃのんさんと後ろにいた娘ちゃんが竹刀にまたがるようにして少しずつ後ろに押し出していって机のしたに持っていったのには笑った。そのあとふたりでアイコンタクトしてたしあれは何だったのでしょう

再び王宮へ。再び始まるミュージカル。道化さんたちの歌、リズムはほぼ一緒なのに1回目とちょっとずつ歌詞違うからその点楽しい。ただの歌にならないとこがさすがの歌唱力。いっぱいあーちゃんの歌聞けることが嬉しいです。配信来てくれたりしないかなあ。しないよね。「フェルナンドの」の「の」の発音が凄く好きです。

カタリナ思いでの店で待ち合わせるカタリナと治道。ここに踊り子パメラちゃんいたのか~と。なつくんが手前で踊ってることに気づいてからは彼女ばっかりみてる。はにかみ笑顔が可愛い子だけど、デュエットダンスになるとやっぱり男役の顔になるのでそのギャップたまらないなと。スタイルも良くて綺麗なので目の保養にもぴったり☺️

帰る直前に治道よびにきたアレハンドロさん。その後の展開知ってながらあのポーカーフェイス保ってたかと思うと凄いとしかいいようないわ。ラストはフェルディナンド邸からの流れでそのままいきます。まあそんな気がしたよと思う結末だけど一応ハッピーエンドだし?シリアスな最期を遂げないからそれはそれで良い。笑顔で終われるのは良い。
ちなみにラストのキキずんはマジで日替わりなので、銀橋のまかまどよりそのキキずん対応が気になってるひと多数いると思う。私もそのひとり。


全体感想として最後も集合してくれるし、所々で下級生頑張ってるので見所色々あるし全然通えるレベルかと。といいつつ激しい場面転換とかないので中盤で眠くなることはあるね。お疲れモードで行ったらきっと寝ちゃう。

全体的にビジュアルが自分好みの人がたくさんいてたのしかった。また東京で見るのでそれまでお休み🌃

次はショーの感想。

hahacha01.hatenablog.com