PURPLEROSE

COSMOS

宙組「アナスタシア」東京感想(A)

東京2月、Aチームの感想文です。
正直まだ実感がわいてない。カテコのゆりかちゃんには物凄く救われたけどそれでも消化しきれない気持ちがあるよね。でも当事者たちが幸せになれるのならばそれでいいのかなって思えています。

それでは2月感想いってみよう!相変わらず長いのでご注意下さい!!


↓1月(B)の感想はこっち↓
hahacha01.hatenablog.com



幕開け~プロローグ
後ろのセットの高さがもえこの背丈ぎりぎりなのがいい感じ。もえじゅり見守るあおいさん元々好きだったけど組替え発表聞いてから見ると色んな思いが詰まってるんだろうなと思えてさらに泣く。あおいさんはどのタイミングで告げられたのだろうか。役職関わってるしきっと早めに知ってたよね?(そしてやっとできた妻と娘が組替えすることになったもえこ😭って気持ちになってしまい辛い。今まで独り身が多かったからやっと家族ができて嬉しいってSSWで話してるの微笑ましかったのに😭)
舞踏会でまどかに拍手できたの嬉しかったなあ。ロマノフのお衣装着たまどかは天真爛漫で幼くて大事に育てられたプリンセスって感じがしてただ純粋に可愛い。
そのあと飛び込んでくるボリシェヴィキたちから怖がりながらも必死に家族を守ろうとするららちゃんに毎回泣かされた。弟とはいえ長男だもんね!もえこが家族を守ろうとしてる姿もかっこよくてたまらない。こんなイケパパが欲しかった。


ペテルブルグの噂
コーラスはだんだんとあーちゃんの声が強く聞こえるようになってきたから相当爆音なんだろうなと。安心安定。CD音源聞くと東京との差にビックリしする。
こなんにあきもちゃんが肩組んで意識もっていった瞬間に早業でお尻ポケットから財布抜き取るゆりかちゃん。札だけ抜いて早業で投げ捨てるし、落ちてるの拾って、ない!なんで?!ってなるこなんが情けない顔してるのもかわいかった。財布盗む直前にゆりかちゃんにアイコンタクトするあきもちゃんの顔良かった。連携プレイたまらん。

毎日並ぶをりっつが歌いパンの列にをよねちゃんがぽんって出て歌うのいいよね。そのあとたっくさんパートもある。コミカルだしいろんな歌うま下級生にスポットライトあたるので楽しいし嬉しい。
はんなちゃんがとてもとてもかわいい。小さくてでも元気いっぱいに踊ってて笑顔がキュートで愛らしい。Aでオペラに飛び込んでくる顔がいい枠はあらしのくんかな。歌い終わりきゃのんさんパートのところ、るきくんが目の前のまなちゃんの前になんとか入ろうとして色々仕掛けてるのかわいい。成功するともれなく怒られてたけど毎回聞き流して懲りずに挑戦してるの可愛かった。Bは誰だったんだろう。
Bに引き続き闇商人チームはなべさん率いる絵画店にほぼオペラ固定。なべさんもるきくんも高身長で体格良いので娘役ちゃんとの身長差があるの良きすぎた。娘役ちゃんあの子かな?とは思ってるんだけど確証持ててなくて、でも可愛かったから気になる。Bのときから思ってたるきくん(orBのましろくん)が「客なのか店の人なのか」問題は最後まで分からず。絵画お買い上げしたときお金払ってたしお客さんかなとは思うんだけども?あとは女の子が絵画購入後に「これもどう?」ってさらに別の絵画出してきてニコニコ笑顔で勧めてくるなべさんが商魂たくましくて好きでした!!


オーディション
振り返ってみるときゃのんさんのお芝居にたいするゆりかちゃんの態度も色々変えてたんだなと思う。「ガム噛まないでいってくれる~~?」ガの言い方が滅茶苦茶発音強くなったり、棒読みになったり、途中からすでに飽きて椅子に長い脚のっけたりしてるのも面白かったな。あとは頭抱えたり腕組んだりしてあー!!ってやってるのも見た。超リアル。
怒ってるせっちゃんぷりぷりしててかわいい。千秋楽はきゃのんさんの「だぁぃこん?!」というでかめのお怒りボイスが聞けて笑った。どんどん口が悪くなって反応か大きくなるお姉さまたちすきです。
アーニャが飛び込んできたときのディミトリ「運河に飛び込んで泳ぐんだ~~!」ってクロール。千秋楽でヴラドが後退りしたため何時もより長い時間泳がされてたディミトリにめっちゃ笑った。アタマオカシイヨはヴラドさんから近づいてきてくれて安心した。言い方も東京はわりと早めに癖強くなった気がするのでそのバージョンに慣れてしまったのだけどCD聞いてムラは落ち着いてたよなって遠い目になった。
「いつから食糧配布所になったんだ~?」の言い方どんどんひねくれてきたよね。ぷんすか歩いてるのに階段降りるぐらいになると急に小走りに戻るからゆりかちゃんだ♡って思えてかわいい。ためた言い方する日ほどはける時に小走りになっててかわいい。
トレー置くディミトリ、1月にトレー置くときにコップを倒してしまった日があって。その日を境にトレー置くのがめっちゃ優しくなった気がして毎回ニコニコしながら見ていた(あのときのアーニャの反応もかわいかった♡)
紳士?!って語尾が疑問系になってたり、歌ってるアーニャ見ながら思わず笑顔になっていくヴラドが見れた日はレアだと思ったな。思わず嬉しくなっちゃうヴラドさんかわいい。噛み締めるようにいう紳士!とか驚いてびっくり顔しながらアーニャ見つめる日が多かった気がするからずんちゃんお芝居細かいなって思った。幻だったらごめん。


政務室
怒鳴ったグレヴにガッツリ反応してるのわんただけかなと思ったらそうでもなかった。わりと皆見てる。ボリシェヴィキのみなさまはちゃんと人間なんだね。軍隊とか規律厳しいとこってそれすら許されないとおもってた。案外グレヴさんは怖くて規律に厳しいだけの上司ではないのかもしれない(とわんたを見てると凄い思えてくる不思議)ここのかなこともえこの目のつかいかたがすごいすき。顔がいいのは正義。


やればできる~街
A始まって数日後の観劇でおじさんたちの動きがより遅くゆったりしたものになってる気がした。もったりした感じというのか、さぁ踊りましょうプリンセス!!もトーン落ちた感じがした。この違和感その日だけだったけど一体なんだったんだろう。
千秋楽のまかまどダンスでいつもと違う感じに転んだまどかちゃん。リアルに緊張してるのかなって思えてきゅん。「あら大好きよストロガノフ♪」の前に隣の椅子に座り直すゆりかちゃんが可愛くてすきです。

決意して街に出ていくディミトリが歩く銀橋、路地っぱくなってる?光で路地裏の道を演出してんのかなと思ってた。凄い細かい。


政務室②
通常回はコサックダンスが好きかな。ネヴァクラブで皆が踊ってるようなやつ。数回踊ってはあはあ息切らしてるキキちゃんが印象的だった(一瞬ネヴァクラブ毎日偵察しに行ってるから上手なんだね!と思ってしまった😂)
千秋楽アドリブは最後の最後にものボケ持ってくるところがさすがです。最後だから!っていわれて「これでいいの…?」って顔でよく分からないままステップ踏んでるアーニャ可愛かった。かんなちゃんのステップも最高だったし仕事のできる同志を持てて良かったね!


俺のペテルブルグ
たちながらぼけーっとしてるコンスタンチン、カフェブレでも言ってたけどたしかに倒すまもなく勝手に倒れてて弱そうだった。芸が細かい。イーゴリはミハイルがアーニャに叩かれるのをディミトリに捕らわれながら見てたのかと理解(今更)。結構長い時間拘束されてたし次は自分だと思えばそりゃ全力で怯えるわな。投げ飛ばされるイーゴリを支えようと焦りながら勢いよく走って立ち位置で待ってるサーヴィチはとてもかわいい。
千秋楽はほっぺたキスのあとにわんたがしぐれちゃんのことを鼻つんしまして萌え死にました。しかもあの可愛いさ100点満点の笑顔でやるから破壊力すごすぎる。普段はやってなかったのに最後の最後にすごい爆弾投げてくる彼女は最高か?天才なのか?もちろんそのあとの話しばらく入ってきませんでした!!配信映ってたって聞いたので来年の放送楽しみにしてます!!


電車~~
電車に乗る前のシーンはなっつとよねちゃんの目線の使い方が上手いなとしみじみ思う。哀愁漂わせて懐かしむように全体を見渡してるのも立ち姿もかっこよくて見惚れてしまったな。

2月は席を越えて絡むことが増えた気がする。秘密警察かなまりが乗り込んできたときに話し合ってるのはよくあったんだけどそれ以外の場面でも。
好きだったのはりっつの書いた絵をなべさんが購入した回です♡りっつはちゃんとお金請求してたしなべさん笑顔でお金払ってた。コーラスのときに絵柄をちゃんと客席に見せてくれたのでりっつはやっぱり画家だと確信。思ってたとおり風景画を書く人でした。白黒な風景画は電車のホームっぽく感じたけど良く見えなかった。そのあとなべさんが絵を乱雑に扱ってるのも含めて面白かった。
そらくんの眼鏡なしもじゃも見れたよ!あの時は髭もなかった気がする。秘密警察のとき1人で見に行ってたそらくん、ずんが走ってきたときにびっくりしてひろこに抱きついたのがとても可愛かった思い出。
なっつららほまも毎回見てて楽しいグループ、というかなっつが喜怒哀楽激しすぎる?なっつは時々体調が悪くなる(寂しくなってる?)ので、その度にららほまが元気付けてるという1コマが可愛かった。ヴラドへの挨拶はららちゃんも参戦してきました♡ほまちゃんが目配せしてなっつららほまでお辞儀してたの可愛かったなあ。お上手ですって貰えてにこにこほまさんかわいい。お上手です貰えない回の方が逆にすくなかったかな。たまーにあったけどこの差はなんだったの教えてずんさん。
電車のコミカルたっくおじさんがツボ。ずんさんが歌い始めると必ず一緒ににこにこしながらリズム刻んでくれる愉快なおじさん。まじディズニーから飛び出してきたみたい。りおさらとなべここさくは毎回自己紹介してる感じがする。(手を繋いで電車ホームにあらわれる)なべさんとここさくちゃんの関係が知りたいです!
飛び降りる3人に対して窓を叩くようなふりするりっつさんが好きなのです。他の人たちは窓からてを出したりするのだけど、りっつだけはまるで窓ガラスがあるかのようなパントマイムをするんだよね。


キキさんにアナスタシアを捕らえよ!って伝えるさおちゃん。報告書めくる動きも整っててかっこいい。報告書読む姿も全部かっこい。


パリ着
1番クレイジーだと思ったのは四つん這いになって覗き込んだ回!動きがすばやくてビクッってなった。可愛かったのは両手の中に何かいれて「どっち?右手でした!」してた回!子ヴラド正解したみたいでにこにこのヴラドさんかわいい。
このデュエットやっぱ凄くきれい。目を見合わせて歌うふたりがすてき!!背景がもやもや曇ってる中で2人が歌い、ラストはその雲が晴れてパリの綺麗な街並みに到着。2人の歌が通じあい迷いを消し去ったから雲も晴れたのか~~!!!とか勝手に解釈した。


2幕
パリ
うしろの背景めっちゃ綺麗だね。ずんまど踊るとこ、パリの十字路をぐるってまわるんだね。そういえばシャンゼリゼ通りだもんね。映像のコラボレーションはここもでもやってたのね。ペテルブルグは2人でデートしてた(と勝手に思ってる)けどパリでは3人で街に繰り出したのかな?お衣装とか諸々調達してたのかな?ヴラドははしゃぐアーニャと一緒にはしゃいでくれそうだし、何だかんだで楽しんでるディミトリとかいそう。想像するだけでかわいい♡最後花火うち上がるんだね?お祭りの日?そしてB同様ペア把握できました!ノータッチだった104期105期くんたちを覚えました。みんな楽しそうで笑顔に吸い込まれたので今後が楽しみです!!
まどかと踊る前に服をピシッって直して髪をかきあげて?帽子のつばを直して?から手を差し出すずんの紳士っぷり(かわいい)
カップル、しぐれちゃんの相手がほまなんだけどお互い見つけて目を輝かせて駆け寄るのが可愛い。お!って感じに手を上げてきゃのんさんに反応するたくさんも良い!!好感度高い人がやる爽やかさある!
せっちゃんりっつは相変わらずラブラブ度が高め。バックバグされて満更ではない顔してたせっちゃんが可愛くて忘れらんない。時々りっつさんキスしてたけどその角度が男前でかっこよくて最高でした♡


まっぷーの「面白い冗談だ」と「上手い冗談だ」はどっちの回数が多かったんだろう。


ネヴァクラブ
扉があいたときのギャルソンはあきもとなっつだと思ってたらあーちゃんも参戦してたっぽい。席の角度かもだけどたまに見かけた。全くもってレポ落ちてないけど皆あの場面どこみてたんだろう。セルゲイの2階席へのウインクも確認!ウインクしたあといくぞ!って煽ってるの格好いい。
噂のしぐららキスは刺激的。見つめあってからちゅーしてにこって笑いあうふたり。どっちからキスしたのか記憶にないんだけどたぶんしぐれちゃんかな。タバコ?のキセルふかしてから行われた戯れは本当に一瞬で気をつけてないと見逃してしまいそう。だるそうなしぐれちゃんもららたんも格好いい。
あきもちゃん誰にウインクしてたんだっけ?確認しよう!と思って途中からあきもみてたら客席に向かってバチってされてにやってされて心臓止まるかと思った。見事に被弾してあきもオペラしてたら変な踊りをしているこっていとそれをたしなめるもえこがインして癒やされたし平常心に戻れた。
わんたを見てると時折目を見開いたりしてくるからそれはそれで目力強くていい。ネヴァクラブは結構顔芸してたのでそんな姿が最高に愛おしかった。ヴラド・ポポフ!?に一緒にびっくりした顔するのも可愛い。
ヴラドをじとっとした目で見るセルゲイさん面白いしはけるときまで継続してんの笑っちゃう。


バレエ
階段から降りてくるまなちゃんのセンター分けの髪型がもはやロイヤル貴族。おぼっちゃまみたいだしそのあと降りてくるこってぃがアワアワしてるのも執事っぽくて似合う。このふたりの並びやっぱいいわ。
でてきたまどかを見て遠目からふって微笑むゆりかちゃん。楽1週間前、ネクタイを直すまどかの手をもうゆりかちゃんは振り払うこともしなくて。優しくて手を当てて動かして身体の角度変えて「ほらっ」って笑う。もうここはまかまどでしかなくて何度見てもぼろぼろに泣く思い出すだけで泣く。登る前に背中に優しく手を添えるゆりかちゃんにも泣く。それを見てるずんさんにも泣く。

かりんちゃんのオペラあげる速度が速すぎてヅカオタが贔屓出るときにする速度!?って思った。もしやこのオペラに通ってる?4ヶ月も通ってりゃこうなる?通いすぎてオペラあげるタイミングばっちりになったのかなと思うと親近感がわくよね。ヴラドさんと一緒に盛大に驚いたり絡んだり慌ててオペラ覗いたりしてるのも大袈裟になっててとってもかわいい♡


Everything To Winのイントロでうるうる。
お人形もってしょんぼり顔してるヴラドが人形撫でながらこてって小首かしげるのなにあれ。一瞬だったけどかわいい。
マリアはアナスタシアの面影に気づいていた気がする。でも認めたくないし決定的な証拠もなくて、それでも冷たく突き放しきれない。「代わりになるならば貴方に覚悟がないと」みたいなことを言うのも、拠り所にしていいのか迷ってるのかなと。「過去にとらわれてる」って自分で言ってたけどほんとそんな感じ。だから決定的な証拠が出てきてらすぐ受け入れられた。
報奨金もって出ていって、の言い方が強くないのも根は悪いひとじゃないしディミトリのこと嫌ってないのかなと思える。


記者会見~
ずんさんとあーちゃん。ずんが握手の手をなかなか離さないので振付に遅れそうになるあーちゃん。その姿を満足げな表情で見てるずんが印象的。思いっきり笑うからあーちゃんが怒ってる回もあった気がする。ずんさんに遊ばれてる😊と思いながら見守ってたけど最後の方にあーちゃんが握手もハグも拒否した回があったらしくて。やり返してるの面白すぎるよね!!なんでそれ平日にやるん見たかった!!あとは褒めあいっこしてる回もあって、その時の2人はにこにこで可愛くて平和。

ヴラドがリリーに構って!ってするんだけど大体はガン無視されてたの面白い。鼻眼鏡も無視。ずっとアナスタシアのことニコニコしながら見てるリリーさん素敵。
笑顔でアピールするもステイってされたり秘密のサインやるも見て貰えなかったり、それでもめげないのがヴラドのずるいところ。


最後の橋
やっぱりみんなでまかまどみて微笑んで終われるラストシーンが素敵。橋の上で再会するアーニャ、ディミトリみて笑顔で近づくも避けられてえって顔。言い分聞いてから話し出すのがファーストキスの話ってところもいいし、ディミトリのもはや告白みたいな言葉に被せるように「大皇女アナスタシアは許しませんよ ディマ!」って言って抱きつくのも良い。初々しいキスにディミトリが笑顔で返してくれて2人で笑顔になっていう過程とか超超よくない!?
カップルも2幕最初の人たち(シャッフル)とと共に新たに若い2組が追加されてます。ここで相手役さんに凄い楽しそうに話してるさらちゃんが私は好きです。


フィナーレ
ロケット
あいみちゃんとかんなちゃんに囲まれたさらちゃんはBより大人っぽく見えた。全体を見てた日に思わず目を惹かれたのはさらちゃんの笑顔だったよ!振り付けも含めて全部可愛かったよ!ひじりくんは格好いい&可愛いの二段構え。ピックアップではかっこよく見えるのに笑顔がとても可愛くて可愛い!かんなちゃんも目を惹くしあとははんなちゃんかな?小さい身体で長距離を移動してて頑張ってる。あいみちゃんは目鼻立ちがハッキリしてるクールビューティって感じの子。キリッと美人のゆめかぜさんも綺麗だったな。立ち位置や飛び出す順番がBと同じなのかと思ってたらそんなことなくて混乱したけどなんとかなった。Aもちゃんと下級生把握できて満足です!!


群舞
ゆりかちゃんを眺めてたらめっちゃ色っぽくてその上そらちゃんに顎くいしてて思考停止した。センターブロックだとずっと目があってる気がする強い。そのまま眺めてたらかなまりがオペラインして群舞の始まりを悟る。ゆりかちゃんの銀橋バチコンウインク知ったのも2月だったけど超綺麗に仕留めてて自分がされてないのにときめいた。
ずんらら、ずんさんが客席見る時の顔が楽しそうだった。別にいいんだけどあの初期のアダルティな感じはどこへ?
上手側に視線動かしたらあきもちゃんがいてそっと目線をそらした。ウインクくらったあの日からあきもちゃんを直視できないんだけどこの感情は…恋…?

まかまどデュエダンは重さを感じないのがほんと凄いなって何度見ても思う。あの音楽にあわせてあのお衣装で踊るのが夢の中って感じでキラキラしてる。実質サヨナラショーだと思って見てると泣いてしまいそうだ。



最後に千秋楽の話。幕開けからうるうるしてるすっしーに貰い泣き。そのままあおいさん😭となりつつ舞踏会でロマノフドレス着てるまどかに爆泣きする。
あの日のパレードで「私がアナスタシアだと思う?」へのディミトリの解答に対して間髪いれずにまどかが「ありがとう」って言ったのが今までで1番好きな間の取り方だった。思いが溢れすぎててがっついてしまう感じたまらん。初めて出会った時のことを思い出してる?って表情するディミトリがすごく良かったよね。ラストシーンの距離がめっちゃ近づくから熱量が入ってた。もちろんこのときのまどかの表情もすごくすごく良かった。
バレエに向かうとき、まどかを見てにこって笑うゆりかちゃん。ネクタイ直す手に軽く手を触れて腕だしてほら!ってするゆりかに満面の笑みまどか。最後の最後まで優しいゆりかちゃんでした。何度もいうけどこの公演期間で1番お芝居が変わったのこのシーンだと思ってて。2人で顔見合わせる姿に毎回泣いてた。
太后の元へまどかを送り出すヴラドがずっとどうしようって顔して焦ってるのが好き。ディミトリは静かに動揺してるけどあんだけ自信満々だったヴラドの方が直前になって大袈裟に焦ってるのがいい。
シチリアのオレンジの箱に入ってたに反応するマリア。もうすでにうるうるしてるし弱々しい。その表情からは怒ってる感じも冷酷な感じもしなくて、信じていいのか迷ってる感じがめっちゃ上手いなって思った。熱演だった。
「わかってるでしょ もう私たちは離れない」にこやかに目を見て伝える、でも変わらずうるうるしてるすっしーさん。まどかもめっちゃうるうるしながら歌うしそのままグレヴと対峙するんだけどでも最後まで泣かなかった。最後まで「強く 何も恐れない」アナスタシアだった。マリアの思い浮かべてるアナスタシアそのものだね。彼女がアナスタシアだと信じさせる凛とした態度があったし、そんな姿を見てアナスタシアを撃てなかったグレヴ、という状況にも説得感があった。決意と覚悟を決めたまどかの表現力に心打たれました。この素晴らしい回が映像のこるの本当に嬉しいです。そのあと橋の上でディミトリ見つけたときのアーニャの表情変化が可愛かったところまでがセット。
最後のデュエダンも最後って感じがしなくて幸せな時間だった。

カテコの話はみんなしてるから割愛。公演期間に色んな発表があって感情が忙しくてただ純粋にお芝居を楽しめたのは11/7-11/29の約3週間程度だけだったように思う。こんなに素敵な宙組にあっていた話なのに別れの物語のように感じてしまったことだけが残念だった。それでも毎回最高を更新してくれる宙組生が大好きだと思った。役が少ないって言われてたけど、その少ない役できっちり個性だしてきて日々違うお芝居して楽しませてくれる彼女たちへの愛おしさが増した。むしろ中堅ぐらいからの子達はバイトにいっぱい出てたしいつも以上に色んな表情見れたかも?アナスタシアを通して好きになった方も、今まで気付いてなかった魅力に気付かせてくれた方もたくさんいる。これからも追っていきたいと思ってる。本当に本当に大好きで忘れられない思いでの詰まった作品になりました!
この変化が各方面にとって幸せな結果を生みますようにと願うことしかできません。

次は池袋梅芸ホテルとバウとDS。ポスターでたけどどのチームも良さげ。今週集合日来なかったからみんなちゃんと休暇とれてそうでなによりです。

また4月に会えるの楽しみです。
お疲れさまでした!!

宙組「アナスタシア」東京感想(B)

宙組東京公演千秋楽おめでとうございました!
1月(B)の感想文です。
2月(A)もそのうち書きます。

(1月B日程終了後、2月A日程開始前に書き上げた文なので人事ネタはありません)

プロローグ
幼少期アナスタシアとマリアが子守歌を歌っているときに外では雪がふっている。あの雪はロマノフ家の写真が燃えるときも2幕ラストシーンでも使われている(雪の動き方見てると同じ映像使ってるよね)雪の日にはじまり雪の日に終わるとかあまりにもロマンチックではないですか?ラストもうん10年後の同じ季節だってことだよね?本をめくったら情景まで再現された世界が飛び込んでくる綺麗な絵本を読んでいるみたい。素敵すぎもう初っ端から好きってなる。
すっしーさんの目がどんどん優しくなってるから回を重ねるごとに2人の固く結ばれた愛情を信じられるようになる。冒頭の踊ってるもえじゅりを見るあおいさんのやさしい目がすきです。物凄く愛に溢れてるの。おばあちゃんっ子なアナスタシアが遠くに行っちゃうマリアを見るときに一瞬見せる寂しそうな目が好きすぎるけど、その後パパに誘われて態度ころっと変えて笑うのもかわいらしくて子供相応で好きすぎる。アナスタシアが可愛くて仕方がない!って感じ出すパパママも最高で、だからこそその後の悲劇が際立つんだろうなと思うんだよね。3人とも素敵です!!親戚のおじさん(ロマノフの男)たちが皇女様たちをぐるんぐるん回しながらはけていくところ、引き寄せる力も回す力も力強くて、きっとあのおじさんたちは腕の力鍛えてるんだなと思って見てる。

舞踏会のかなこが非常に美しくて目を奪われる(周知の事実)アナスタシアに挨拶しに行く1番手がかなこだと気づいて解釈一致!ってなった。彼女にはプレイボールで女性の扱い慣れてる風でいて欲しい願望。結局爽やかなりんきらさんと踊るまどかだけど、かなこちゃん奥行っちゃうけどそれでいいの。
襲撃の前、もえこがピクピクって顔(顎?)動かしてるのが何か異変を感じてる感じで好き。結構爆音流れてたし映像も激しかったんだね?迫力あってちょっと怖い。一家の大黒柱として真ん中で支えてるもえこが本当に立派でかっこいいんですよ…本当に髭も白軍服もお似合いで良きなんですよ…


10年前のペテルブルク
布スるとこ迷いのないイーゴリ。ムラでは周りのようす少しは伺ってた気がするんだけども全く戸惑わなくなった?せっかくスってきた布をヴラドに奪われたあげく勝手に使われておこ。喧嘩始まるかと思ったけどディミトリに制されてえって顔してるし銃撃にびびってるの少年っぽい。布被せられて無表情であらわれるミハイルがツボ。さすがの美少年。
ディミトリとミハイルが会わせ技やってスリしててびっくりした。財布投げ捨てディミトリ手慣れてる。そのまま見てたら奥で布を身体に当ててにこにこしてるよねちゃんがオペライン。気に入ったのかな可愛かったな!なんだかんだでディミトリの言うことには従ってる4人組だしやっぱディミトリがリーダーだよね?


グレヴの演説~
ボリシェヴィキもえこのチラシ配りは無表情、だけどあーちゃんが表情豊かに絡もうとするから対比してみちゃう。もえこは真面目な使命感に燃えるボリシェヴィキなのかな?最近怖く感じない。あーちゃんとよねちゃんが遊んでる所に気まぐれでりっつも混じってきて輪が広がるのが面白い。ぎゅーぎゅー詰めのおかゆちゃん顔がいい。
絵画に目を輝かせてるるるちゃん可愛い。オルゴールどう?って営業してもみんなに興味持ってもらえずしょぼんしてるなっつも可愛い。どや顔でパジャマ見せびらかしてるほまちゃんも毎回可愛いけど売れるかな?
銀橋ずらっと並んだ時にりっつの胡散臭いおじさんを浴びて何故だかときめいた件←


ユスポフ宮殿
まどか最初のソロでうるうる。表情を見るたびに何かを探し求めている、でも絶対に見つけてみせるという芯の強さを感じて泣いてしまう。
踊ってる人達が映像で後ろに流れるのがそれこそ記憶の中の光景で。この宮殿の昔の記憶をアーニャの歌が呼び起こす、そういう演出が凄いディズニープリンセスで「ああこの子はヒロインなんだ」って印象付けられるというか。この最初のソロで圧倒的インパクトを残せるからこそまどかはアナスタシアだと宙組の大切なプリンセスなんだと誰しもに納得させられる。まどかの底力に惚れ惚れする。本当にうちのプリンセスは可愛いのに格好良くて、頼もしいのに愛らしいよね。それは当たり前の変わらない事実だと思っていたから今まで深く考えたことなかったけど、そんな彼女が引っ張っている宙組を愛せている今が幸せだなとこの曲を聞くたびに思う。なんかただの激重組オタの感想になっている。
ヴラドが律儀にアーニャがうごくたびに椅子の角度変えてるの可愛いよね。
アタマオカシイヨにみんな毎回笑えるの凄いと思う。


グレヴ政務室
机バーン!なグレヴさんがっつり見てるのはわんただね。アーニャ連れて来る隊にも呼ばれてるのに上司のこと凝視して大丈夫なのだろうか?並び順は偉い順なのだろうか?
さおさんの歩き方が軍人って感じするし偉い人って感じの重圧感するしで凄い好きです。


やればできる~街
ディミトリが段取りを説明しているときにピンポイントで動きを真似しているヴラドさんほんと!!そゆとこ!!無表情なのがすこし怖い。あれだけパントマイムで動きを真似できるのはディミトリのこと良く見てるからだよね。長らく貴族のご機嫌取りをしてきたヴラドさんは観察眼が鋭いのかな?
「教えることたくさんで目が回るぞ」みたいなとこ、後ろの机で顔に両手当てて悩んでるアーニャがとても可愛いです。
相変わらず日替わりな黒板ぐるぐる回数ガチャだけどやっぱり見てて楽しい。
「私ができれば君もできる」とアーニャが1人で踊りだすところがなんだか大人っぽくなったように感じた。「私はアナスタシアなのよ」と自信を持って踊ってる感じがする。うまく表現できないのだけど「信じていたよ」「ありがとう」の掛け合いもよりつんと澄ました感じに進化してる気がして。ずっとただ可愛いなあと眺めていた場面だったけど可愛いだけではなくてそこに高貴さ?自信?がプラスされてきたように感じる。ムラは結構無邪気に踊っている印象を受けていてそれはそれで可愛かったのだけど、今のはこれはこれでレッスンの成果が出てどんどんお姫様になってきたよ!って感じで良き。

お金数えてるのはよねちゃん。東京来て「あの長身スタイルは誰?」と最初に思った子はおかゆでした。普段可愛い可愛いと愛でてる子のキリッとした眼差しにきゅん。るるちゃんがかっこよくクールに踊るもんだからギャップにいちころ。あとはましろくんの目力がとても良いと思いました。たぶん街の人みんな怒ってる?のでキリッとしててかっこよく踊っているのだけど、あまりにも時間が短くみんな帽子被ってたりスカーフ巻いてたりするので判別が難しいこの場面。たしかひろこもいたような?下級生まだまだ勉強中。


グレヴさんの政務室
治安維持に信念もってるのが伝わってくる独り言。なんかグレヴさん回を重ねるごとにどんどん良い人になってきた気がする。アーニャに一目ぼれしたからとかは置いておいてちゃんと仕事をやり遂げようとしているのが伝わる声のトーンというか歌というか。ファーストインパクトが優しくなった分、気をつけなさいアーニャと十分に気をつけろの差を感じてゾクッとする。でもまあアーニャ去ってからのグレヴさん、監視対処に惹かれている気持ち歌ってるから、最近は頑張れ!とも応援したくなってきた。
キキちゃん劇場は色々見させて貰ったけど肩脱臼させたのが面白かったかな。肩回して戻しながらお茶でも飲もうかはさすがにちょっと距離取りたくなる。あとラインダンスが非常に可愛かったです。
きいちゃんは去ってくわんたたちが目の前とおったときに合図?みたいなのを表してたのが格好良かった。


俺のペテルブルク
酔っぱらいで1番好きだった回はあーちゃんがこってぃに抱き着いたままいつまでも離れず痺れを切らしたこってぃにぺしって雑に剥がされた回ですね!ムラ初期はそんな扱いされてなかったので月日の流れを感じてにっこり。全力で酔っぱらう4人組凄かったナ。

追い払った後にディミトリの「来いよアーニャ!」と共に盆が回りだすんだけど、背景も街中から川沿いに変わっていくのがすごく素敵で。ちゃんと街を歩きながら「ここはこうで、ここはこうで~」ってアーニャに説明してくれたのかなと想像できて。1つ1つのエピソードをキラキラした目で聞いてるアーニャも想像できるしそれってデートってやつですよね?絶対距離縮まるイベントですよね??そのデートの様子を綺麗な映像と歌と4組の幸せそうなカップルで表現するのが本当に本当にロマンチックすぎて演出素晴らしいと思うのです。
街の中でディミトリは家族との思い出を振り返って「ディマ」というワードを使うけど、それによってアーニャの家族=パリに行くのは難しいということも思い出して「伝えなきゃ」と思ったのかなと。最初は懸賞金目当てだったディミトリの心境が変わってきたのは、(描写されていないけれど)こんな感じで2人で過ごす時間が増えたからなのかなと思わずにはいられない。実際どうだか知らんけど想像するぐらい許して欲しい。
あとみんな大好きペテルブルクのわんたくんの話、マフラーをいつも以上に緩く首にかけてる回があって踊るたびにふわふわ揺れるのが超可愛かった。一瞬見つめあってからキスするんだけど、その時にちょっと真剣な顔するからしぐれちゃんちょっと驚いて。でもそのあとキスされて幸せそうに笑うので毎回幸せな気持ちになる。手をつないではけていくところまで幸せいっぱい貰えるから何回見ても飽きない!たぶんこれ2月も同じこと言ってると思う!

オルゴールを貰ったアーニャのシーン、後ろ背景がはくちょうからくまに変わる。単純に星座の話かなと思ったから季節調べたけどはくちょう座って夏の大三角形なんだね。おおくま座は冬の大三角形だから季節にあっているのだけど(確かに映し出されてる時間長いけども)、わざわざ夏をいれてくる意図はなんだろう?それともオペラで白鳥の湖やるからそっち関連の繋がりか?
アナスタシア、この後も続くんだけど演出立ち位置すべてが意味深に感じてしまうし、演出の意図が「そうだったらいいな」って思う場面たくさんある。だからこの背景にもなんかそれっぽい意味あればいいなと思ってる。BW版とか梅芸版からこの演出だったのだろうか。もう少し調べてみようかな??
ダイヤモンド見たヴラド、東京きてからだっっ~!!みたいな言葉しか言ってない気がする。ムラではなんじゃそりゃ~~!?みたいな感じだったっけ?あんまり覚えてないや。でもちょっとした変化つけてくれるのはリピーターには嬉しい。


電車
まず確認したのは乗る前のメンバー。私の中ではなっつの隣がなべさんだと思ってたからよねちゃんでびっくりした。なべさん奥にいるのにね!ららちゃんの旦那がほまちゃんだったこともりおくん達がいたことも覚えきれてなかった。やはり短期間の詰め込みは記憶の粗が出ちゃうな。さくちゃんがりおくんにぎゅって抱きついてるのが凄く寂しそうで辛そうで感情伝わる。さくちゃん電車乗らないから残されるものか。あのお芝居はコーラス要員ってだけじゃないからだと思ってる。
電車のなっつが好みどストライクでビビった。ヴラドの歌い出しでおとす♪と一緒に口ずさんでた回のきやのんさんが可愛かったり、治安悪いまなちゃんに毎回ドキドキしていたり、ムラ楽の配信で画家なんじゃ疑惑が出たりっつの持つキャンバス?が真っ白だったり風景画だったりすることに気づいて、もしかして絵も何種類かある?と思ったり。なつこららほまの3人の距離が近いうえに毎回動きが大袈裟で激しくて、でも楽しそうにしてるから目が離せなかったり。弾けてるなっつが表情豊かでめっちゃ可愛いくて目が話せなかったり。「お辞儀からはじめよう」でヴラドにおじぎするなっつとほまちゃん(かわいい)とそれを誉めるヴラドさん(かわいい)の組み合わせにテンションあがったり。ちゃんとお辞儀してるだなんて知らなかったから、たぶんムラの角度的に見れなかったんだろう。
あとは歌ってるヴラドをキラキラした目で見ているまっぷーがいたんだけど、その隣の席にさらっと座るヴラドおじさんのコミュ力にも驚かされた。座るのに苦戦してた回もあったような記憶。ある日内緒話をしてたのか知らないけど、席から立ち上がっててまっぷーに向かって口元に手を当ててしー!ってしてる姿を目撃。苦笑ぎみに何度もしてるのが可愛すぎてマジで席に大感謝した。
電車はどの角度かによってどこまでのお芝居が見えるがが大きく変わる。特に奥側のまっぷーとかそらひろこのあたり。基本2階席の方が客のお芝居は良く見えるけどその中でも下手上手センターで見えた景色違うんだよね。アングル変えると違う景色が見れて新鮮なので楽しいです。

さおのどすきいた冷酷な声があの場を盛り上げる。「どぶねずみを」だっけ、おとがさがるところ。上司であるさおの圧の強さが余計に「父親の息子」という現実をグレヴに思い出させてそう。対峙する度に苦しくなってそう。というか上の人たちみんな「父の息子」としてのグレヴとしか見てなさそうじゃない?グレヴは頑張ってるけど結局回りが見ているのは父親。だからこそ認められたくてがんばってる感じに見えてきてなんかもう切なくなってくる。周りは父親のことをよく思ってなくても自分だけは父親を信じていて「革命に感情はいらない」って言い聞かせて自分を保ってる風にさえ思える。きっと彼の中に優しさだってあるのに、そんな自分の感情よりも職務を全うしようとして苦しむ。こういうキャラクター、アニメとかにいたら間違いなく影の主役ポジだよね。演出によっては人気出るタイプな気がするのに宝塚版はなんでこんなにストーカーちっくなんですか?グレヴさんに関しては書き込みが足りないとおもってます。


パリ着
「感傷的になってきちゃったなあ」で子ヴラドと遊ぶヴラドさん。大抵のヴラドおじさん可愛いけど、東京開けてすぐにやっていた「なでなでからのキス」が衝撃的で忘れられない。もちろん子供にするような軽いやつなんだけどリップ音がやけに響くもんだから頭真っ白になったし突然のリアコ降臨に超動揺したのを覚えてる。いないないばあとかほおずりとか高い高いとか、そういうのが多い中であの回引けたのは幸運だったのかな。またあんな感じのやってくれないかな。ずんさんがやるのは分かるけどヴラドさんがやるってとこに意味があるよね。

1幕ラストの動きかたがすきです。アーニャとディミトリが対角線で動くところ。言語化難しいのだけど。あの坂3段あるんだけどディミトリは最初は中段で歌いはじめる。アーニャが上段に現れたら下段に移動、その時アーニャは下手側でディミトリは上手側にいるから対角線なのよね。で、歌いながら対角線保ったまま横にずれる。歌の途中で2人とも中段に行き、向かい合って歌う。そして近寄って背中合わせでフィニッシュする。向き合って笑いあって2人で上段へ駆け上がる。この動きさえもまかまどの歩んできた道に変換してしまうから、思ってた以上にまかまどへの思い入れがあったんだなと。ムラの時からずっと言ってるけど2人のトップコンビとしての年月がもたらす信頼感を強く感じるシーンで大好き。専科発表ある前からずっと好き。もはや願望になってしまうのだけどこの曲でまかまどサヨナラショー見たかった。ちょっと想像すらしていた。イントロ流れた瞬間から号泣する自信があるし微笑み合いながら最後のデュエットを歌う姿を目に焼き付けたかった。2人に凄い似合うだろうし観客も幸せな気持ちになれただろうな。
「間違いじゃない」「ここが私の帰る場所」って歌ってるのは、もはやアーニャではなくてまどかのような気がしてきて、毎回その表情に泣いている。本当にまどかは頼もしくなったよね。


2幕
パリの街
始まりの音と照明が華やかで一気に世界が変わる。かりんじゅりに挟まれる踊るずんが可愛いおじさん極めてて沼。
ムラで見ていた橋の後ろの3桁ちゃん、せっかくだからとずっと眺めてて、色んな方面のご協力もありつつペアちゃんと把握しました。2階じゃないと見えないけどその分2階の日は君達を見てた!可愛いこしか居なくて目が幸せ。ひばりちゃんもさくちゃんもきいちゃんもるるたんも可愛い。あとおかゆちゃんの存在感が強すぎた。何故次の別箱にいないんだい?愛でたかったぞ?本当に綺麗な顔立ちをしているのでもっと前に出して欲しいと思ってしまう、最近の私のオペラ泥棒です。A組の方が分かる気しないけど楽しみながら探してみたい。

歌い終わり、橋の上のカップルが気になる今日この頃でございます。
下手奥のせっちゃんとりっつがとてもラブラブなのでオペラが離せず周りが見えない件(途中で気づいたので記憶が少なめ)せっちゃんがほっぺたちゅーしたり(かわいい)先に行って笑顔で振り返ってみたり(かわいい)と好き好きアピールを積極的にするのも良いけど、まっすぐ見つめながら愛おしそうに髪をいじる(ように見えた)りっつも凄く良くてオペラ持つ手が震えてた。純粋に幸せそうなカップルなので毎回ときめきチャージしてくれる。表情豊かなせっちゃん可愛いよ♡お姉さまリードする背伸びした年下に萌えるたちなんですけど、大人っぽいけど可愛らしいせっちゃんとたたずまいも歩く後ろ姿もきっちり格好よいりっつのコンビ、好みドンピシャです。
あとえびさまを高身長と組ませるのは大正解です。身長差最高!


マリアさんとリリーさん
男役が演じる女役だからこその間の取り方と声の使い分け、それを露骨に出してきているのは演出か。それでも仕草も表情も綺麗なのでそらちゃんは役者だし、「男役が演じる女役の魅力」をこの短いやり取りでも観客に感じさせるのは相当凄いことだと思うんだ。想像を越えてくるそらちゃんの実力、本当に素晴らしいよね。
マリアの歌も悲痛なお芝居もどんどん上達している。上手から見るとマリアが額縁に手を伸ばしてる様子に物凄く感情移入できて、手の中からこぼれ落ちた幸せと愛する人達の思い出を写真から感じ取ろうとしている様子に苦しくなる。踊ってる幼少期アナスタシアが楽しそうなのもリアルなんだよね。あのアナスタシアの姿がマリアが幸せだったころの記憶だもんね?きらきらしたアナスタシアの笑顔が忘れられないのもしょうがないよな!と納得させてくれるじゅりちゃんは強い。
マリアの視線彷徨ってる感じが1幕でオルゴールの幻のなかにいるアーニャみたいなのもどきどきする。ふたりとも同じように探しあってる?求めあってる?と感じた日には号泣したよね。時を越えてシンクロする演出とかやめて欲しい。そんなん泣くにきまってる。


ネヴァクラブ
ドアが空いた瞬間にわちゃわちゃしてるギャルソンたちを見るのが好き。あきもとなっつだと思うんだけど日によって芝居かえてきてるの可愛い。記憶にあるのはいらっしゃいませ✨みたいにスマートな動きを見せる回、皆でわちゃわちゃしてて開いた瞬間やべって顔してる回などなど。真ん中しか見えないの勿体ないけど、だからこそちょっとした違いに心惹かれてるし楽しみにしてる。
やっぱりさおの前髪は天才。ゴリンスキーで圧の強いシケを見たあとのふわっふわ前髪大好き!名無しの貴族たち素敵すぎるよね!「最高だ~!」というりんきらさん爽やかで凄い好きなんよ。名無しの貴族たちが着こなしてる上品なベスト好きです。
中日辺りでBのことを思い出して顔の分かるきいちゃん探した。上手であられひろこと並んでおりました。ひろこと顔見合わせてるのかわいい!端でも可愛い子パラダイスしてるなんて最高か。わんたと一緒に見れるの楽しかった。最初はおすまし顔なのに踊り出すと弾ける笑顔も可愛い!そういえば、ペアで肘当てるところの直前であきもちゃんがペアの子にウインクした気がしたんだけどそんなことないよね?めっちゃ動揺したんだけど?そのままぼけっと上手見てたらまっぷーの所にダッシュするきいちゃんと肩を抱いて去っていくまっぷーが映り込んでイケない場面見た気分になった。まっぷーの役作りぶれないさすが。チャラチャラしてるわんたも推せるしきいちゃんと何アイコンタクトしてたの?気になる。
下手の話をするとなっつとあーちゃんの絡みが好き。2人してダンスしてみたり神妙な顔してたり辺りをうろうろしてたり。ある日、ショットグラス渡されてええ?って顔してたなっつがあーちゃんに見せる。あっち持ってけ!みたいな対応されて律儀にカウンターに置きにいってたら振付に遅れそうになってペアのあられにぐいって引っ張られてたの可愛かった。ペアの子と踊る前にしてる一瞬の動きも毎回違うんだよね。見たい場面しかなくて真面目に目が足りない。

ずんそらデュエット、さおしぐれのストップモーションが好きすぎる。足を絡ませ、のところも非常に大人っぽくて大好きだし雰囲気が超あってる。
その後出てくる貴族たち、りんきら×えび、さお×しぐれ、かなこ×らら、まりな×じゅったゃの組み合わせがこれまた豪華でな…これぞ背中で魅せる男役って感じがする。かなまりはいいぞ最高だ。踊り終わって去ってく時に、背中に手を回してエスコートするさおちゃんがスマートすぎるんだ。ちゃんとしぐれちゃんの顔みながら微笑みながら歩く後ろ姿がイケメンすぎるんだ(なので暗闇の中に消えていく後ろ姿をずっと眺めていた日もあったものでした)


あの日のパレード
夢の中、最後のアーニャ!のとこでアーニャに手をのばすお姉さまたちとそれを制するロマノフのおとこたち。その直前のアーニャに背を向けないようにしながらふたりでくるくるまわるように踊る振り付けが場面にあってて好き。まさしく囲まれてる、ずっと見られてる。他の場面の過去編では「ただの本当にあった過去」って感じで親戚一同は周りで踊るだけなのに、(パパを除いて)アーニャには無関心なのに、この場面ではみんなに囲まれて見つめられて「思い出してアーニャ!」って圧かけられてる。あのふりつけも悪夢を現してるのかなって思ってきてる。そりゃあんなに大勢の人に囲まれたら怖いよね。パパ!ってよぶのはパパのことが大好きだったからか、目の前で最初に殺されたのがパパだったからなのか…


オペラ観劇~マリアさん
ねぇおかゆちゃん顔が良いね!?(n回目)
ディミトリのリボン直そうとするアーニャの手をゆるやかに振り払ってほらってにっこり微笑みながら腕を差し出すディミトリ好きすぎる!!私の記憶の中のムラ初日はもっと強く振り払う感じ、まだどこか心を許しきれていない風だった。だからこそムラ楽で優しく微笑む姿に泣いたんだけど、最近それ以上に優しくなってる気がして。角度によってまかまどどっちかの表情みれるけど、ここのまどかが凄い幸せそうで、ゆりかちゃんも自愛に満ちていて。どっちの表情みてもお互いにとって良いパートナーなんだなって思えて泣く。
凄い好きだけど同時に必ず来てしまう終わりを強く感じて辛くなるシーンでもある。お似合いなのにね何で宙なんだろうね。
(関係ないけど階段上るときにドレスをたくし上げるまどかさん、結構ガッツリとドレスを上げるので生足が見えてた日がありました。この1回だけだったけどなんだったんだろ?)

オペラは4重奏カルテットでグレヴの音量が上がるところがすき!迫力が変わるしグレヴのターンって感じ。アーニャが歌い出したとたんにオペラ上げるの我らと一緒な!と親近感わいてた
白鳥さんなるくんしなやかに踊ってるので大変綺麗でした。他2人が華奢なひろことさらちゃんだからって目立つってのもあるかもだけど大抜擢ですよね。拍手SEがなくなったって聞いてたから代わりに拍手した。2組の移動の間に空白が生まれちゃうから、なければないでちょっと寂しいかなと思ったり。

部屋で落ちた人形を拾うヴラド。アーニャにさし出したり引いたりする回が可愛かったです。最近パターン少ない?オレンジの香りって言ったときに小さく反応するマリアがとてもリアル。マリアの服が光で緑に見えるのでお着替えしたの?!って一瞬思った。「どうしてこんなに待たせたの」「何もかも遅かったのよ」に対して「今一緒にいるからいいじゃない」という返しが理想的で前向きでいいなと思ってきた。私も言われたいな。


記者会見
イントロがめっちゃ好き。ショートカット記者さんがめちゃめちゃ可愛くて「あのこは誰!?」ってなって調べた。取材しようとすると目の前にあーちゃんが割って入ってきて邪魔した上にヴラドさん連れてっちゃうから毎回ぷんぷんしてたのも可愛くてツボ。これを機に覚えます♡あーちゃんの「単独インタビューします!」に「なんと!」って反応するヴラドかわいい。握手したまま離してくれない回多くて、振り払うとえっ(´・д・`)って顔したまま固まってたり、握手のあと念押しされてるのによく分かってなさそうな顔してたりして可愛い。りんきらさんにしっしってされてしょぼんとしてた日もあって可愛い。そのあとリリーの「静かに!!!」がどんどんドスきかせてるようになってきたのもメリハリきいてて最高。コミカルな動きも含めて楽しい大好きな場面♡


宮殿~~
記者会見からぐるっと盆が回ってアナスタシア撮影会。後ろでいちゃついてるヴラドとリリーが楽しそうできゅん。リリーがデレてる回見れた可愛かった😊
写真撮影するりっつの金髪ふわふわしてて好き。「あなたの彼は?」「そんなんじゃないわ」って言うまどかを微笑みながら見ているそらちゃんが大変素敵なお姉さまで。マリアがずっと探していたのを1番近くで見ていたし幸せそうなマリアを見ているのが嬉しいのかなとか思えてこちらもにこにこ。ここが1番嬉しそうに見えるし年上のお姉さまって感じが強くでてて好きです。暖かく見守ってくれる美人なお姉さま最高。リリーさん普段年上とばっか接してるもんねそりゃ若くてかわいいアナスタシア見てたらニコニコしちゃうよね。
グレヴの叫びがどんどん強くなってきて苦しい。「やりとげなければならない!!!」の言い方が凄い役に入ってるなって思う。一言一言にアクセントつけて言う感じ、ずっと自分に言い聞かせてたのかなと思わせる感じのイントネーション。自分にかしてた呪縛という感じさえもする。人が良いと思えるキキちゃんのグレヴだからこそ、ここの追い詰めるシーンの緊迫感が凄く強調されてるのかな。去ってく後ろ姿が哀愁漂いすぎてすごい。
後ろのロマノフ家のみなさま。逃げようとして、でも振り返ってアレクセイのところに行くじゅっちゃんの表情凄い良いの。ちゃんとお姉ちゃんしてる。シーンは辛いけどもえことお揃いのららちゃん凄い可愛いし子供達守って兵を睨み付けるもえこがほんとに格好よくて大正解なんよ。こんな格好いいパパがいたら大好きになっちゃうよね。


アレクサンドロス大橋
カップル下手前のりっつが今度はしぐれちゃんと手繋ぎで現れるからもう!!ってなる。お姉さまたちをリードするのが上手だね。通行人たちがアナスタシアとディミトリの様子見てるのいい演出だなって思ったよ。凄い自然だった。橋のようすスケッチに来てるのはあのんくんかな?
「それでも…」からの親戚一同と踊るディミトリとアナスタシア。上手にねあおいさん×らら×こってぃのトリオがいるの。ママと踊るアレクセイの手を取り踊り出すこってぃだけどアレクセイはすぐに手を離してママのもとへ行ってしまう。全然見てもらえてないたかとおじさん頑張れ!!って応援したくなる(?)
躍りながら幸せそうに微笑んでる親戚一同に涙涙。アーニャの記憶の中の彼らって無表情がデフォなのにこの場面では微笑んでるんですよね。皆でお祝いしてくれてるんだと思うとアナスタシアの記憶に寄り添ってくれてる、彼女が望んで見ている家族との夢なんだと思うとなんだかこちらまで幸せな気持ちになる。
2階で見てた日に気づいたんだけど、ここの立ち位置ってもしかしてアナスタシアの「A」?橋の段差でいい感じに綺麗に見えたよ。超テンション上がった。元々綺麗な場面だけどさらに綺麗な終わりかただなって思うようになった。新しく撮った集合写真は燃えませんように。


歌唱指導
ずんちゃん全体見渡してくれるから好きです。ずいぶんと楽しそうに歌うようになったよね!!色んな所を見てくれる。2階から眺めるねっとりウインクも素敵だけど下手から見たときのパチン✨って感じのウインクも可愛くて好き♡やっとお衣装に慣れてきました。セリ上がってきたときの照明浴びる瞬間のずんちゃん輝いてます。

ロケット
まじでみんなかわいかった!!!上から降りてくる子達と上下から飛び出してくる子達の演出たまらん。ムラとの変更点はBチームの106期4人が入って数人の男役(102-104)が群舞に回ったこと。あとセンターが潤花ちゃんになりました。それによって並び順も変更あり。
ワンツー上下順で飛び出してくる潤花ちゃんさらちゃんの華やかさ素晴らしいよね。ひばりきいが可愛さ振り撒く間に割ってはいるさらちゃんの笑顔が最高に輝いてて大好き♡3人まとめてキュート属性ピックアップだと勝手に思ってる♡潤花ちゃんセンターピックアップの両サイドは男役だったんだけど、下手の子が非常にダイナミックに踊るからびっくり。ロケットなのに凄い格好よかった彼女がしなやかにバレエ踊ってたなるくんなんて驚いちゃうな。ひばりちゃんが潤花ちゃんの隣来てて良い位置だねと思った。あとあれやな106期ちゃんはなぎさちゃんが可愛かったしお写真通りで判別しやすかった。丸顔あいらびゅー。上からセットで降りてくる子達、ピックアップない子もいたけど後ろで羽をフリフリさせてる振り付けだけでも可愛いとか何事か。あの子がいたねなみきくん。各々教えて頂いて男役さんたちのお名前も覚えられた!!可愛い子しかいなくて目が足りない!!そもそも衣装が可愛いんだからみんな可愛いのは当然の結果?それでも今回は人数少ないので顔と名前と立ち位置一致させながら色んな子を見れたので顔と名前覚えられたし楽しかったな。今後も注目したい子をたくさん見つけた♡

群舞
そらちゃんが娘役率いて降りてくるところが格好良すぎて毎度毎度びっくりする。さすがのキレの良さ。
ムラでは圧倒されただけだった大階段群舞、引きでみると思ってた以上にギラギラしててテンションあがった!人数増えたのもあるのかな?1階の良いところは大階段の初期位置へ移動する姿から下に降りてくる姿までを立体的に見れるところだと思ってるまじで。大階段で踊ってるときの目線が眼差しがギラギラしててかっこいい♡アクアヴィーテで娘役と踊るのも新鮮で良かったけど、変化球お衣装来ても男役オンリー大階段できっちり魅せられる宙組男子が大好きです。Fever大好き人間には今回の大階段すごく刺さります。お衣装はもう慣れたしむしろ好き。個人的に赤好きだしギラギラしてるしどちらかというと顔を見てたので笑
そもそも宙男何着ても似合うじゃん?すごくない?
群舞ラスト1列下級生が増えてその中には必死に踊ってるのが伝わってくる子もいたりして可愛くて。前列のお兄様たちの雰囲気と見比べて愛でてたりもしてたんだけどその中でかっこいいな?と思ったのはあのんくん。髪型とてもイケてて表情も良くてさすがです!
あとは曲のアレンジも凄い格好いいよね!既存曲を全然違う雰囲気に変えられるの素敵。銀橋来るところもイケメンパラダイスで素敵でした♡

娘役ちゃんたちが流れてきての皆で踊ったあとデュエット。噂のずんららがすごく、すごくけしかんかった。ほんとに息かけてる感じの距離感、素で照れてるっぽいららちゃん可愛い。さっきまでにこにこで踊ってたのに急に表情を変えてららは俺の女だって雰囲気出してくるずんさんほんとそういうとこずるい。ずんららだけ対象年齢が違う。そこから見るまかまどデュエダンは世界観違いすぎて温度差ありすぎてかぜひいた。ずんは本当におそろしいひとだな?(だがそういうとこも好き)
もえじゅりには純粋に萌えましたね。もえこのうでのなかにすっぽりはいるじゅっちゃんという体格差が非常に萌えたしバックハグするもえこさんが色っぽくてどきどきした。さっきまでパパと娘だったのに紳士と淑女になってるからじゅりちゃんの大人な表情も見れるのたのしい。今回のフィナーレもえこさん全体的に凄い大人っぽくて色気あるから普段とのギャップ(と本役とのギャップ)にやられてまう。
後ろのあーあられはお互いに踊ることが楽しい!って気持ちを全面に出して踊ってるのが超爽やかで。見てて笑顔もらえるペアというか元気でるっていうか。目合わせてにこにこしてるの可愛くて癒されるし疲れたときこそ見たい。あーちゃんもあられもたのしそうに踊るタイプなのでそんな2人を合わせ技するとこんなにも陽だまりオーラが強まるんだね。

からのまかまどデュエダンは本当に夢夢しくて、そのうえふたりとも幸せそうな表情するもんだから心のやり場がなくなるの。まかまどの今までを思い出しながら見るの泣くので1月中は何も考えないようにして綺麗な幸せに浸っていたけれど2月はそうもいかないんだろうな。

別れなきゃいけないのはまどかだけじゃない。雪月花新体制になるのにこれで変わらないなら逆にびっくりする。覚悟してるからこそ今この一瞬を大切に見なきゃなと改めて思う。

B日程千秋楽おめでとうございました。
無事に最後まで誰1人欠けることなく全員で駆け抜けられたこと凄く嬉しいです!
今度の別箱ではもっとお芝居や歌やダンスで1人1人の見せ場があること願ってます。
ちゃんとみつけるよ!
(2021.1.31)

↓2月の感想はこっち↓
hahacha01.hatenablog.com



宙組別箱振り分け(2021年春)

少し前に出た宙組振り分けのお話。
2021年4月~5月の宙は3チームに分かれます。
ああ去年と一緒だね。
今年は無事に幕が開けますように。


Hotel Svizra House ホテル スヴィッツラ ハウス』
作・演出/植田 景子
東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)
2021年4月10日(土)〜4月15日(木)
梅田芸術劇場メインホール
2021年5月1日(土)〜5月7日(金)

合わせて11日間。こちらは真風芹香桜木と宙組のトップ3が揃う豪華な別箱。そこにプラスして紫藤瑠風はじめスーツが絶対似合う長身で素敵な顔もいいお兄様達をずらっと揃えてるからかっこよくならないはずがないね?!
問題点は関東がブリリアってことぐらい!以上!
(追記)先行画像安定のイケメン。

『夢千鳥』
作・演出/栗田 優香
宝塚バウホール
2021年4月22日(木)〜5月3日(月)

和希主演の本作、2番手枠は凛城か留依か。大正浪漫ということは娘役ちゃんに可愛いお衣装着させてくれるかな。正ヒロインは天彩だろうけど、愛海水音花宮山吹といった役つき良い子達多いから娘役いっぱい活躍しそう。音楽の宝箱SPのコーラス隊4人ともバウ振り分けなのは歌多めってこと?穂稀若翔がいるのも安心感あってとても良いし気になる子達しかいないよ。下級生まで活躍できる場面があればなお良しだよね。ああ楽しみだ。
(追記)先行画像。そらくんだけでもやばいのに出演者みんなあの雰囲気で来られたらさらにやばいんでは?と頭を抱えてる。愛憎劇、難しそうだけど楽しみでしかない!!!


星風 まどか ミュージック・サロン
『夢みるMadonna
2021年4月6日(火)~2021年4月8日(木)
2021年4月25日(日)~2021年4月26日(月)

(専科)星風 まどか
※星風まどかは2021年2月22日付けで専科へ異動
宙組)優希 しおん・琥南 まこと・鷹翔 千空・雪輝 れんや

まどかが宙組ではなくなることがまだ信じられない。
メンバーは同期と1個下さん。人選納得だけと琥南は歌えるんです?あんまり歌のイメージかないや、雪輝くんはアナスタシアでソロ歌ってた気がするけども。とにもかくも配信見なきゃ。