PURPLEROSE

COSMOS

宙組「FLYING SAPA」梅芸感想(メインキャスト)

メインキャスト感想。

やっと書き終えた!
ここ数日サパに引きずられてきたけど、これでしばらくは抜け出すことができるかな。
備忘録かねてます。ネタバレ満載ご注意下さい。

オバク 真風 涼帆
圧倒的存在感でした。ただコーヒー飲んでるだけなのに、豪華な衣装でもないのにこんなに格好いいトップさんとか他にいる??ボロボロのセーターなのになんであんなに格好いいの、なんでこんなに似合ってしまうの。
最初は無気力で自分にも他人にも興味のないオバクが遺伝子レベルでミレナに惹かれていくとかこれなんのアニメ?って感じだった。SFに限らず「本人忘れてるけど昔出会ったことがあって」「昔の記憶がフラッシュバックして思い出す」みたいな展開は良くあるよね。
ブコビッチと対峙するシーンで感情露にするオバクに胸がぎゅっと締め付けられた。そのあと過去を見てブコビッチを撃てなくなるのも人間味溢れていて苦しくなった。いままで判断に迷わなかったのに「辛さと憎しみ」を取り戻した瞬間に迷いが生まれるのがほんとリアルだった。人間自分の正義を押し付けるだけじゃ生きていけない、特に相手の背景を知ってしまうと。このリアルさのせいで今まで違う世界の話だと思ってたのに急に"現実"に引き戻されて怖くなった。
この役をどんな思いでゆりかちゃんは抱えてきたんだろうか。毎日毎日「自分とは何か」を探して向き合うのって相当精神すり減りそうな気がする。「格好いい」「似合う」の前にそんなことを思ってしまう。
いやでも、ほんと彼女だったからこそ成立したサパだった。歌も豪華な衣装もないなかで、立ち振舞いと芝居力だけで魅せなきゃいけないストリートプレイ。それが成立したのは宙組生の芝居力となによりも彼女の圧倒的存在感のおかげでしょう。
(改めて思うけど演出家のみなさんゆりかちゃん苦悩させるの好きだよね。その表情が美しくて似合うのは分かるけど気楽に見れるお話もたまにはいいのでは?待ってます!!)

初日の涙、そして梅芸千秋楽の涙にどれだけの重荷を背負っていたのか……と改めて考える今日この頃。貴方がトップな宙組に出会えたこと、追いかけさせて貰えてることに日々幸せを感じてます。


ミレナ 星風 まどか
宝塚らしくないヒロイン像、だからこそ上手く演じ分けるには相当の表現力が必要だと思う。それをやってのけるまどかちゃんは本当に素晴らしいと思います。
記憶を探して虚ろに過ごす少女、追い剥ぎに怯える少女。違法ホテルで相手を翻弄しつつ人を撃ってしまい動揺する少女。ミンナになった少女。仕事をする少女。少しずつ「自分」を取り戻していったミレナが最後に決断したのが「ブコビッチを撃つ」ことだったのも、オバクたちとの旅をするなかで取り戻した感情があったから?それってきっと人と接しないと分からないことかな。10年引きこもってたブコビッチとの対比になってたら皮肉だよなと思ってみたり。(その期間にミレナは外に出ていたのかな。自分の好きなようにやらせてたってブコビッチは言うけど明確な描写がないから不気味)
「ミンナになってはじめて父さんのことが分かった」とのセリフ、一体どこからミレナの記憶は封じられていたんだろう?という疑問も残す。まあ色々と深く突っ込んだら負けな気がする。2幕で突然とびっきりキュートな過去ミレナを浴びると、描かれていない空白の時間が気になってしかたがないんだよな~
とにかく演じわけが素晴らしかった。ラストシーン、楽しそうに働いてるミレナがイエレナの一言で気持ちかえるのには??だったけど。実に宝塚らしいラストだなあとは思ったけど。

かわいいだけじゃない。
芯のあるまどかちゃんが大好きです。


ノア 芹香 斗亜
1番謎が多くて1番観客側に近い立ち位置。オバクやミレナ、イエレナからと比べると「何も失っていないように見える人」実際はレジスタンスに居るぐらいだしそんなことないと思うんだけど、なぜだか親近感わいてきちゃう。
記憶が戻ってきて苦しむミレナを優しく包み込むノア先生が非常にかっこよくて、、、あの、こういうキキちゃん好きだなって思った。優しいお兄さんみたいな感じの。「大丈夫だよ」って言って欲しい。
苦しんでる人を見捨てられないのかな、だからイエレナに「ピカピカの正義感」って言われてしまうのかなって。でもそれでも最後までイエレナのそばに居るって決めてくれたノア先生に心のなかで拍手してた!(この演出も宝塚らしいなとは思った。喧嘩しても強がって傷ついていく女性を見捨てない理想の人。現実とは違う人。)
傷ついた兵士を撃ったイエレナに対しての「そんな必要はなかったじゃないか」に価値観の違いが全部詰まっててノア先生…!と思ったし人の考え方は違うんだなってまじまじと実感する。(ノアはこのセリフが1番好きです。静寂の中、驚きと悲しみが入り交じってるような発声で話しだすキキちゃんがとても良い)
ノアがイエレナと共にブコビッチの所にたどり着いたとき、イエレナと一緒に怒ってるのも好き。ずっとイエレナだけが怒ってるように見えてたからこそ、「やっとノアも一緒に怒ってくれたんだ。やっと彼女の苦しみを一緒に背負おうとしてくれたのか。」と思えて。
良いとこ持ってく感じ。素敵でした。

宙組「FLYING SAPA」梅芸感想(他キャスト)

キャスト感想。
先にその他キャスト書いちゃったのでこちらから更新。
普通逆だけどまあこういうこともあるよね!


キュリー夫人 京 三紗
個性的なホテルの滞在者をまとめるためには個性的でいなければ!商売根性に溢れた所も立ち振舞いも長年ホテルやってきたぜ!って感じがでててさすがでした。

総統01 汝鳥 伶
さすがの貫禄。オバクとの対峙シーンには胸を打たれました。過去に戻ったとき自分の目を耳を塞いでいるのも、やっぱり彼にとって辛い記憶なわけで。それでもオバクに見せたのは分かって欲しかったからであって……。最後ミレナに撃たれたあと、「やっと終わった」って感じで幸せそうに死んでいくように見えたのが辛かったです。

タルコフ 寿 つかさ
オバクは良いサポーターに巡り会えたんだね。テウダたちを守るために飛び出すのは相手が「ハッピー」だからというのもあるだろうけど、彼女たちを愛したから。「自分を守る」ためにいままで反抗してこなかった彼が「他人を守る」ために動いて死ぬって言うのが悲しいんだよな。ポルンカはそれすら許してくれない。

ユズ 綾瀬 あきな
「ようこそ惑星ポルンカへ」のときに後ろで踊ってるえびさまが無機質でしなやかですごい好きなのです。あとシーツのシーンがエロてっくなのです。たぶんあれはえびさま!

テウダ 松風 輝
あの暖かい母親と子守唄が素晴らしすぎて、まっぷーこんな役もできたんだ…という驚きに満ち溢れている。そしてそしての少年クランケ。しっかり「ポルンカ♪」までしてインタビューに答えて去っていく。この温度差よ!凄いな??

ロパートキン 星月 梨旺
りおくんが演じる大人、特にパパっていつも良い味だしてるよね。情に厚くてちゃんとブコビッチのこと親友だと言ってくれる人。人種とか差別とかそういう思想がなくて裏表ないからこそ、この人のことブコビッチは好きで理解してほしかったんだろうなと思える。

パンプルムース 春瀬 央季
違法ホテルに突然現れる脚長イケメン。あれラスティの服だよね。派手なテカテカ衣装にも負けないイケメン。血気盛んですぐに詰め寄るのがなんかギャンブラー感あるし似合う。皆でサパ目指すときにキプー担ぐのを途中で交代されられるんだけど、ロロ?に背中推されたときのえ?俺?って表情が好き。
あとすごいきになる過去ニーナのトラウマ兵士の件。お陰で顔が見えなくてもすぐに分かるんだけど選んだのはくーみんの好みですか??ミンナの中で真ん中で動いてるのも彼なんですけど関係あります??あの世界は概念だし本物じゃないし過去は過去なんだけど一瞬同一視してしまって悪寒がはしったよね。
かなこさんは悪くない。観るがわの問題。

アンカーウーマン777/タマラ 瀬戸花 まり
漂白したの?と疑われるような2役。アンカーウーマンの力強さが彼女の持ち味と相まって良い効果を生み出してたと思う。あんな長セリフをスラスラと喋れるのほんとすごいと思う。キャスターと言われても違和感ない。

スポークスパーソン101 紫藤 りゅう
「ようこそ、惑星ポルンカへ」脚が長くて真っ白でロイヤル王子って感じでかっこいいね!あきさま卒業後空いてたスペースを埋めてくれる感じがする。
ニュース番組とかで椅子に座ったときの姿勢も綺麗だったし話に相槌うつときの下がり眉が可愛かったなあ。でも30070から30071になる時の声のトーンが全く同じで恐怖を覚えた。

タオカ 留依 蒔世
実質3役みたいなものですが「同じ人なのに違う人生歩んでる人」というお題に対して、声や動作や表情で細かな違いを表現するのが上手すぎてさすがだなと思う。人間味溢れる丁寧な狂い方が大好き。あとタンゴタイムをありがとうくーみん!凄いかっこよかった!!

難民ブコビッチ 穂稀 せり
今回ほんと大活躍だったほまちゃん。初めてプログラム読んだとき「若かりし頃の役?凄いじゃん!」と思ってたのだけど、想像以上に出番があり見せ場もある。どっしりと構えた芝居力に心打たれたよ。ほまちゃんの重みのある芝居があるからこそ、難民ブコビッチの抱えてきた悲しみ・苦しみへの共感が生まれるんだと思う。そこから汝鳥さんに成長するというのもめちゃくちゃ納得がいく。
最後の少し遅れて追いかけてくるやつ、合わせるの大変だったろうな~と思って見てた。
こんな重い役なのにバイト戦士してるのも凄いよね!ほんと君はできるこ。

ペレルマン 瑠風 輝
最初の「ポルンカ♪ポルンカ♪」してる時のもえこの脚が長すぎて実は毎回動揺しているし序盤の話は頭に入ってない。背中を示す振り付けの時にもえこの背中が見れるのが個人的に好き。あの広い背中、とても格好いいしずっと眺めてたいよね。シンプルなスーツが彼のスタイルを引き立ててるのかな??
ペレルマンはなんか薄気味悪い悪役って感じだよね。ミレナへの愛というよりも「統括の娘」という立場に魅力を感じてる。統括と違って武力で解決しようとしてるし、「お久しぶりです愛しい人」の言葉に愛が感じられないのが上層部の人間って感じで怖い。でもオールバック+前髪+眼鏡+クール属性+スタイル抜群というもえこのビジュアルが完璧なせいでかっこよく見えてくるんだよな…

グリープ 若翔 りつ
ホテルであの長髪誰??と思ったらりっつでびっくり。正直もっと悪どいと思ってたので簡単に撃たれてしまってうーんって感じ。前作より頭が良いからですか?
なーんかあんまり"悪"って感じがしない。ミレナからしたら脅してくる相手だし、無理やりされそうになって殺しちゃうけど前作よりマイルドだしなあ……。
あの体制でピクリとも動かないのは役者魂を感じる。
過去編でパソコン両手に抱えて持ち出すの、ちょっと可愛いと思ってしまった(サイズ的に)
なんで彼だけサパに逃れたんだろう。アナザーストーリーが欲しいです。

記者8324/アンナ 天瀬 はつひ
滑舌が良くて言葉がすっと頭に入ってくるのが素敵。アンナのときはめっちゃお母さんだし芝居力あってこれまた泣く。「あらまあ☺️」と息子のことおおらかに包んでる感じがこれまた母性に溢れてて好き。
2幕のインタビューシーンが大好き。風にあおられてる感じがリアルなんだよねえ。
千秋楽配信で挨拶聞けて良かった!!日生もよろしくね!!

ズーピン 優希 しおん
ジャンプ力がさすが。キヨちゃんに「なーんてね!」みたいな役させるのほんと似合う。
所々みんなの輪に入らずに、一歩後ろにいるのが展開を知ってると「なるほどな」って感じで楽しめる。
こんなレジスタンスの巣窟にいるのになんで情報漏れなかったんだろうと思ったけど、どこかの時点で気が変わって報告しなくなったのかな。意外と若い数字ってとこも気になるし?みなさんのズーピン考察待ってます!

ロロ 愛海 ひかる
可愛いというよりセクシー?あられちゃんの新境地を見た気がする。タンゴ踊るロロがセクシーオーラを振り撒いてくれたお陰で相手役の色気も上がったと思うので感謝。気だるげにカウンターでお酒のんでるシーンとか「何を見せられているんだろう…」という気分になった。テーブルで男と酒飲みながら雑談してるときの笑顔は非常に可愛かった。今後この色気をどう活かしてくるか楽しみだよ!

ターラ 湖々 さくら
最初富裕層かと思ってたら音楽家って言っててそうなの?似合うね!と思った記憶。だから行進する時に楽器持ってたんだね。衣装がかわいくて似合ってて好み。「~です?」って言うのかわいい。

キターブ 真名瀬 みら
ターラと一緒にいる。いい人って感じが全面に出てるよな~!「百恵ちゃんにしましょう~!」って叫んでるのキタープだよね??日本に住んでたのかな???

アクバル 雪輝 れんや
お髭さまだよね。休憩シーンの時に1人たそがれてる(?)のが印象に残ってる。

イスカンダル 湖風 珀
最初の追い剥ぎの衝撃で本役の記憶がさっぱり失われています。やばい日生ではちゃんと見なければ。ミレナに迫るいとゆ、クズだったけど大人っぽくて目線も男っぽくてかっこ良かった。あの場面いとゆしか目に入らん。

イエレナ 夢白 あや
銀髪ベリショ!かっこいい!似合うね!!
アクが強くてずっと怒ってるイエレナ。だけどその怒りには理由があるし、彼女は彼女の目的のためにレジスタンスとして戦っている。サーシャのことを思ってて、でも愛した彼はもう現実にいなくて。だけど諦めきれずにオバクに向かっていくのが大人の女性って感じで好き…。気が強いのに、細くて折れてしまいそうな印象を与える衣装にするってのがこれまた罪。
私の中の夢白ちゃんってお姫様(リッツ)とかテス(オーシャンズ)とか白くて可憐で天真爛漫なイメージが強かった。記憶の中の彼女は確かに天真爛漫なお嬢様。本編では全然違う役だったけどこういうのも出来るんだね?すごいね彼女は。強く見えるけど内心は弱くて、そういう彼女のそばにノアがいて良かったと心から思う。最後、穏やかな笑み浮かべてミレナと抱き合うイエレナがお母さんの顔していて言葉にできない感情になった。表情豊かな子好き。
これからもききあやを宙で見守りたいです。

ハックルベリー 亜音 有星
つかの間の休憩シーン、建物の上でロロと背中合わせ。てを取り合って登ってるのを微笑ましく観ております。銃撃戦する荒っぽさも若さからくるのかなと思えるのでこの役すごい似合ってると思う。

ララ・サラーマ 有愛 きい
フィナーレの笑顔できいちゃんだって気づいた。あんまりセリフないけど立ち振舞いかっこよくて結構好き。ところでなんであんな派手なの?少しぐらい違法ホテル組の背景描いてくれてもいいのになあと思った。母親役もやっててちゃんと母親だったので芝居出来る子なんだなと認識しました。

キプー 栞菜 ひまり
子役可愛い!最初は感情薄いのにどんどん活発になっていくのが「守られ過ぎている」という皮肉で、変わっていく流れを表現できるのが素敵だなと。泣きの演技が凄くてこちらまで感情もっていかれそうになる。ラストでぴょんぴょん跳び跳ねてるのも可愛くてほっこりする。と思えばクランケ女子高生の狂気が思い浮かび。この子も降り幅広いのかしら。

舞こころ、山吹ひばり、泉堂成
105期3人。ひばりちゃんの副官よき!聞き取りやすいし可愛いし。戦場あらす少年ふたりは分かったけど他はまだまだ。これからちゃんと覚えるね!!

宙組「FLYING SAPA」梅芸感想

宙組 梅田芸術劇場公演「FLYING SAPA」

宙組さん、11日間お疲れさまでした。

梅芸行って来ました。
凄かった。なにより音と映像が宝塚見てるって感じしなくて驚いたし、視覚的にも聴覚的にも訴えかけてきてるのが新しいなと思った。芝居にも厚みがあって、宙組生1人1人の芝居力が凄くてたくさん考えさせられた。こんな世の中ではあるけども是非とも劇場で観て欲しい公演。

観てて1番思ったのは音。どこだったかな、たぶん対峙するシーンとかなんだけどずっと耳鳴りするようなきーんって音が響いてて。映像も映像だしこの不協和音に気持ち悪くなったのを覚えてる。(音響の問題だから聞こえるかは場所によると思うけど。日生はどうだろう??)
あと映像というか演出というか。はじめてミレナが過去思い出したときのシーン、舞台上でゆっくり動いてる過去の人たちも怖い。これぞフラッシュバック!!表現するのが上手いな!?
怖いと言えば2幕で2つあって。1つはサパに兵士を派遣するというニュースシーン、2つはミレナがミンナになるとこ。1つ目、背景に移る映像が"彷徨ってる人らしき影たち"なんだよね。ちゃんと大人も子供もいる。「取り残されてる人たちがこんなにいるんだよ~みんな怖かったよねもう大丈夫だよ~」みたいな?個人的にはサパの人たちみんなを"影"で同一視してるのが怖いけどな。個性なんていらないってか。配信で映んなくてまじかよと思ったとこ。
2つ目、ミレナがミンナになるとこ。オバクとブコビッチが対峙してる最中、あの布の中で行われてること。最初布かぶるときに何人か真ん中に入ってて。しばらくのあいだへその緒は動くし布の色も点滅してる。次第にへその緒動かなくなり布も緑(へその緒?)の色になって止まるんだけど、その瞬間が「ミレナがミンナになった」ことで。オバクがその変化に全く気づかないように自分に意識向けて時間稼ぐブコビッチが見事だなとかそんなことを考えちゃう日もあった。最初この意味が分かんなくて、"ミンナ"役で出てくるキャラクターたちの違い(動いてる=融合してる)のは誰か?なんか関係ある?とか考えちゃって凄い怖かった。(動いてるのはその時点でへその緒が起動してる=生きてる人なのかな?とか。)
宝塚の演出で今までこんな風に"恐怖"の感想持ったことないからやっぱり特殊なんだろうな。テーマ重いけどこういう作品も好き(序盤に伏線張り巡らして最後に回収していく小説が大好きなんだけどサパも似てると思った)

以下感想という名の考察もどき。
タオカの存在が衝撃的すぎてそのことしか考えられなくなってるのでちょっとみんなと視点違うかも。
ネタバレ満載、視点ぶれっぶれ。
すごい長いのに結論は出てません。

🌟梅芸観劇
2幕でペレルマンがタオカ撃った後に「人間とは一皮むけばこうだ」って冷たく言い捨てる。その言葉がずっと引っかかっていて。「自分だって人間なのになんでこんな風に言うんだろう?」と不思議だった。

最初の場面、兵士に追われ逃げるタオカには恐怖と怒りの感情の比率が多いと思った。記憶を消される場面で「俺はタオカだ!日本人だ!」と自分の持って生まれた個性を叫んでるけど、それがポルンカでは許されないこと。記憶を消されることに恐怖を覚えるのも至極当然なんだけど、あのセットの中では「異端だ」って見えてくるから機械的音声って怖い。
記憶消されて30070プログラム受けて。タルコフの部屋でテレビを見て自分の体が勝手に同調するのにびっくりしてるのが、表情と微妙にずれてる動きから伝わってきて…手に持ってたコーヒーを何度も何度もあおるのも正気に戻ろうとしてるのかなって、無意識的な反抗精神かなと思えて…。この時には疑問に答えてくれる人もいるし、タオカ本人にまだ疑問に思う力がある。銃?を与えられても嬉しそうに見るだけで、それをぶっ放そうとは思ってなさそう。科学の進歩をしても1回ではあんまり強い刺激を与えられないのかなと思った(もしこの最初から強く刺激を与えないことが、ロバートキンのへその緒デバイスに転用することに対しての「倫理的に許されない」への答えなのだとしたら、ブコビッチもちゃんと彼のことを思ってるってことだよね。と思うとなんだか泣けてくる。)

ミレナの部屋。その後再度記憶を消される場面のタオカはなんの反論もしなくて。でも「あの女の顔は覚えときたかったが…」で彼にとって楽しい、ミレナからすればクズなことを考えているんだろうなと読めてタオカお前…って思った。回想シーンで戦争の話とか出てくるし、そういうシーンもあるから余計にゾワゾワする。
過去のタオカのことも気になってくる。「差別する側」だったのに「差別される側」になったのか、それとも最初から「差別される側」だったけど才能や能力があったから乗れたのか。ブコビッチが「金持ちばっかりが乗っている船になぜ自分が乗れたのか」に対して「科学者だったから」と答えてるけど、もしかしてタオカもそっち系統?と思えてきて一瞬思考が停止した。それだったら冒頭あんなに吠えてたのにも納得いくけど深読みしすぎ?

再度記憶を消されて次に現れた2幕のテレビインタビューシーンの将軍30071は言わされてる感半端なくて、まるでアンドロイドみたいだと思う。だけど凄いハマってるから元々軍人だったのかなとも読める。
この場面で思うのは「記憶を消す」ことについて。2幕で記憶を取り戻して苦しむオバクに向かってブコビッチが「それが怒りと苦しみだ!」みたいなことを言う。昔々、幼いミレナにブコビッチが施したのは「辛い過去を忘れる」治療だった。あの日から「記憶を消す」という治療の原点が変わってないのだとしたら、タオカに施されたのも同じものだと思う。差別されてきた「辛い過去」を忘れさせて「喜び楽しみ」の感情を強化するもの。でも問題点は、それは2幕のタオカは2回も受けているということで。薬だって適切な使用量を守らないと毒になるし、脳神経ならなおさら倫理的にも精神的にもよろしくない。その上タオカにとっての「喜」「楽」であろう「銃器」を手に持っている。こんな状況下で格好の獲物が目の前にいる。こんなのタガが外れるに決まってるのでは?
アンドロイドみたいに機械みたいになり果てていた将軍30071がタルコフを銃で撃ったことで「本来の自分の思想」を無意識的に思い出し、銃をぶっ放すことに強い強い快感を覚えはじめたからペレルマンに撃たれたのかなって思った。快感の感情が強化されてる分ドラック依存症手前って感じなのかな。自分で自分を見失ってる、恐怖の気持ちはないし、自分でも何故こんなに楽しいのか分からないから、一度タガが外れたら狂い続けるのみで。最初タルコフ達追い詰めた時よりも殺される直前のタオカの方が狂ってるように見えるのは、きっとどんどん「喜」と「楽」の感情が高鳴っていたからなのかなって。ミレナを見て「好みのタイプだったんだが」みたいなこと言うのもあくどい表情浮かべるのも、30070との対比で自分を取り戻しつつある比喩なのかなとも捉えられるし。人間そう簡単には変われないんだな、そういう意味でのペレルマンのあの言葉だったのかなと思うとすっと理解ができた。

記憶は消せても本質的な部分や性格はそう簡単に変えられないんだなと一連のタオカを見てきて感じた。他の兵士の服は真っ白なのに、1人だけずっと光を反射するパネルのついた服着てるのもまた何かの伏線なのかなと思った。

だから攻撃的な思想を持つ人間をブコビッチは表面化する前に排除してきたし、「治療」してきたんだと思う。平和のために、自分たち「差別される側」が生き残るために。その政策が気にくわなかった元々の立場が上の人や同じく差別されてきた人達がサパに逃げて街ができたのかな。実際、違法ホテルにいる人達って身なり整った人ばっかりだもんね?テウダたちは自ら望んでサパに来たから違うけど富裕層ばかりだと思う、あの違法ホテルは特に。快楽に支配された場所、それがいつまで続くかなんてわからないけどそれが心地いい。ある意味あの場所も現状に甘えて前に進もうとしない人達への警告?みたいにも思えてきていて。ミレナとオバクの登場により「前に進んだ」彼らは外の世界で苦しみと闘うけど、今まで知らなかった感情や思いを共有してより人間らしさを取り戻していったから。
辛くて苦しい過去があっても立ち向かって前に進もう。困難にぶつかってもその先には希望がある。そういう強いメッセージ性を感じた。

ここまで書いてきてあれだけど、もしブコビッチが全部知ってた上でこの騒動を引き起こしたんだとしたら怖いよね。掌で転がされていた的な話。無個性な世界はいつまでも続かないって、人間どうしたって変われないと分かっていたからこそミンナを開発して。サパの存在を知りつつも制御できなかったからズーピンを派遣して監視させておいて。完成が近づきもう自分の人生も終わらせようと思っていた、それならミレナに殺されたいと時を待っていて。彼女が危険思考を持つことに気づきながらもあえて逃がし、色々吸収させた上で再度呼び戻す。タオカを2回も「治療」して暴れさせて絶対に連れて帰れるように仕向ける。
でも追撃者に「あえて」差別思想のある攻撃的なタオカを選んだこと、あえてオバクと同じサポーターの所に放り込んだってことの意味がまだイマイチ納得できていなくて。もしかしてオバクとタオカは強制的に同じ夢を見せられた?タオカをこのタイミングで捕まえさせて治療したのはミレナを逃がすため?一回オバクとミレナに会わせたのはタオカの中でミレナへの思いを植え付けておくため?ブコビッチが精神干渉してミレナをサパに向かわせた?ブコビッチは何を期待していたのか、その期待は果たされたのかっていうのがこの説だと結論付けられなくてモヤモヤしてる。

ひとまずタオカは「人間はそう簡単に変われない」という象徴であり、「同調意識への警告」でもあるのかなと思う。
突出した個性は今の社会の中では異端であり、それが批判対象に繋がることあるし、人生辛くなって現状維持に留まったり、ドラックに手を染めて快楽に支配されて犯罪侵す人だっている。生まれた場所、民族だけで差別されることもある。登場人物1人1人が様々な人種だと思うけど、一番暴れまわるタオカが日本人で、なおかつペレルマン(白人系?)に殺されるところにさらなる重みを感じる。


🌟配信映像見て
タオカはどこで捕まったんだろうなと思ってきた。すぐ直前にノアが登場するからサパのクレーター?でもそれならサパ行くときにオバクが反応するはず。あれは初見の反応、つまり惑星ポルンカ内にも隠れる場所がある……?
GPS埋め込みだろうしポルンカ内なら逃げきれないと思うけど何処に潜伏してたんだろ。普段はサパにいてポルンカにきた時に捕まった??あとどのタイミングで捕まえたのかが気になってて。「製造した」ことが違反だって言ってたから現行犯逮捕?それじゃ遅くない?
オバクか夢の中で探知し捕まえたクランケがタオカで、「お前(オバク)が眠ったあと運び込まれた」兵士もタオカ。漂白され30070として初めて入ったのがそのあとのミレナの夢、という解釈であってるのかな。
そして「タオカがクランケと呼ばれていたのはいつからなのか」という新たな疑問。クランケとかそういう通り名がない人たちはコード番号でずっと管理されて呼ばれてるのかな。
兵士にしますと聞いたときタオカがやけに焦っていたのはなんでなんだろう。それにも理由があるのかな?

タオカは「地球」というワードに強く興味を示してる。彼の口からでてくる疑問はだいたい地球と今の状況への皮肉な気がする。
案外30070は「怒りや苦しみ」の感情は忘れていても、自分の民族性(誇り)への気持ちが無意識的に残ってるのでは。あまりにも激しい感情だから薄めることしか出来なかったのでは、と見てる。何度漂白されてもタオカの服が真っ白にならないのも、基本紫だけど光の加減でニジイロに光るのも伏線?(紫って「個性的」という意味もあるみたいで。単純な衣装だったら悲しいので伏線であって欲しい)
何故真っ白にならないか何故忘れられないのか、それはその誇りが個性が彼にとっての悲しい過去ではないからかな。それか本人の本質的な思想だから。この説で行くと地球時代のタオカはそこまで差別・抑制されて無さそうだし(むしろしてる側っぽいし)、彼の攻撃的思考はポルンカに来てから生成されたものと考えることも出来るんだよね。
それかあれか、15周年特番でやってた、へその緒デバイスに対して最初は抵抗をしていた人たちが手のひら返してへその緒を求めたって話に繋がる?その結果人々は水星で生きられるようになったけど自分達の個性や自由が奪われ、それに対するヘイト的感情が高まったから抵抗し始めた。タオカは銃器を製造し、吠え、反抗しようとして捕まり漂白された。日本人だし扱いに慣れてるし地球時代は軍人とかだったのかな?もし原点がそこならば強い愛国心持ってても頷けるし、銃を撃つことに戸惑いがないのも、自分より弱い立場の人への差別意識があるのも女性への考え方も悲しいけど分かる。ミレナみたいな子がタイプって言うのも「自分に抵抗しない(好きにできそう)」という意味なのかなって勝手に解釈してしまう。
地球時代の立場がマジで分からん。1は勝利国として船に乗ったらもっと上がいた、船を降りたらポルンカ政府に支配されて自分達のアイデンティティを取り上げられ、上の人間(ペレルマンとか)のような人達に「差別」だと思うような仕打ちを受けて………みたいなタイプ。
2は敗戦国だったけど立場は低かったけど才能があったから乗れたブコビッチタイプ。
何が正しいのか分からなくなってきた 。

2回目の漂白プログラムで「潔い(?)殉職のかわりに将軍の地位を与えましょう」と言うスポークスパーソン。この「地位」に関する特別プログラムがあるのかなあ。

ペレルマン1幕ラスト台詞が「兵士どもをお借りしたい」だったのが衝撃的だった。完全に武力で制圧しようとしてるし使う側の発言してる。そういえばクリープも「難民ブコビッチふぜいが」みたいなこと言ってたし、科学者だからこその差別意識?自分達が上だ!みたいな思想があるのかな。(じゃあなんでグリープはこんなとこに逃げてきたの?とも思うけど。ペレルマンとの違いってなんだろう??)

そのあと30071撃って「人間は一皮むけばこうだ」「こればっかり「は」統括に共感する」と言う。
個性も思想も同一化してる世界のはずなのに根本的なところで仲間割れ起きてんじゃん……。ブコビッチは身体的懲罰を禁止してるけどペレルマンは逆なんだなと。こういうのを見るにつれて、「本当にお前はミレナを愛しているのか??」という気持ちになるんだけど私だけかな。
なんか自分に酔ってるって感じする。統括の娘と結婚して自分がトップに!!みたいな。30071を撃つのも「自分の行動の邪魔をするから」でしょ?同じ立場の「人」だと明らかに見てない。大概彼もタオカの言うところの「差別主義者」なのかなと思ってしまって。皆人間同じじゃん。皆変われない。
もしかして10年もブコビッチが人に会わなかったのって、「人間変われない」とわかっていたからなのかなと。親友であるロバートキンを殺さなければいけなかった、そのことをずっと気にかけていたから説。

【19宙】オーシャンズ11(東千)

宙組オーシャンズ11東京千秋楽のファーストラン。改めて見返して気づいたことを数点。

・パラディーソ記者会見
ベネさんの色気がやばい。超ドス効いてるし軽率にウィンクするしなんなん??ボスかっこよすぎるんだけど???
回数を重ねていくうちに進化してることは気づいてた。東京きてすぐはまだ「ザ・悪」って感じじゃなかったのに一週間後に観たら悪さ増してて驚いた。伸び代しか感じなかった。千秋楽にはこんなに悪い男にまで成長しちゃったのねずんさんったら。さすがです。
丸顔で笑顔が可愛い弟が昔からのずんさんの印象ですが、そのイメージをガラッと変えてきたベネディクトさん。二面性があって、普段は紳士に見せかけておいてテスと別れた瞬間に表情消すところも最高に悪。見事な切り替わりにゾクゾクの連続ですわ。一杯努力して実力で上ってきた系ずんベネが好き!!

・エルチョクロ
後ろのお客さんが分かるようになってきたよ。102を何人か確認。ほまちゃんいい位置おりますね~!!

・フランク登場シーン。
大体まりなちゃんを観ていた場面。えっわんたがいる??と動揺。別人役だとは思うけど仮にも用心棒がカジノで遊んでていいのかなあと思ったり。きっとまなちゃんもいたんだろう、ああパンフが欲しい(買ってない)あといとゆがかっこよかった(いたよね??)きみもダンサーなのね。

・Mr.PickPocket
えびちゃんがきゅーとすぎて死。尊い。真ん中キャップ3人が判断つかなかったので見直します。なっつは分かったのだけども。前髪ないと判断に時間かかってしまう……

・パラディーソのカジノ
警備モニターガン見してる用心棒ず可愛すぎた。
君達そんなことしてたの~~見逃してた~~
ジャックポットだー!!と叫ぶほまさんにニコニコ笑顔になるの巻。いっぱいせりふあるね!!

・師匠、よろしくお願いします
愛してるぜ~!なみなさま。もっと面白い回たくさんあったけどさすが千秋楽、落ち着いてる。これはこれで集大成って感じ👏

・ガラスの箱が届いたよ
ハロルドの逆襲。ノリノリなかなこさん可愛かったしされるがままのバシャーに笑ってしまう。りくくんの宝塚人生最後のキスシーンがハロルドってなかなかにつよい…笑

・その日
まいあちゃんほんと好き。スタイルも声も笑顔も全力でタイプ♥️ここのギラギラとスポットライト浴びて歌い踊る演出がとっても好きです。あとあーちゃん目立ってくれて嬉しかった!去り際ウインク、チャラくて最高だぞ⭐

・ジョンソン先生
もっとね!!面白い回たくさんあったの!!ずんさん普通に笑っちゃってた回あったし。
でも「怪しい…」と気づけただけでも面白かった😂

・FEVER
は???前髪おろしたずん、かっこよすぎでは???
色気駄々もれでしんだ。むりずるいあれは人倒せる。劇場では贔屓しか見てないので知らなかったのだけどずん…きみは罪深いな……??

オーシャンズ11は日々成長してどんどんドス効かせてくるずんベネに度肝抜かれた公演でした。贔屓は当然かっこよくてキラッキラしていて最高だったし、みんなみんな素敵だった!!そんな気持ちを思い出したのでした。

宙組退団者の件

kageki.hankyu.co.jp

えっマジで??って感じです。ほんとに。
突然降ってきた発表に宙担のライフは0よ


宝塚は6月末まで時間が止まってるかと思ってた。
こないだの退団も全部延期になったしなおさら。
でも止まったときの中でも動かせない人事もあるんだなって。
まあずっと前から決めていて次の道が決まってるからなのかもしれないけどね。そこは分からんけど。
彼女が別箱出ないって知ったとき「なんで??」って思った。
出来る子だし抜擢されてたから。
けど退団をずっと前から決めてたんだとしたら……?
どうしてもそんな事考えちゃうのです。

てか何もなければアナスタシアの集合日だったんだね。
梅田千秋楽が日曜日だったはずだから時期的にも納得できるけどなんか胸が痛い😭
気になる下級生ちゃん(not路線)には行けるうちに会いに行くべきなんだなと強く思ったので落ち着いたらアクション起こすしかない😭😭

ハポンのプロローグで楽しそうにダイナミックに踊る姿に毎回目を奪われてたよ。
酒場で娘役ちゃんリードして踊る姿が綺麗で麗しくて毎回見てたよ。
エイトモルトでのキレッキレなダンスもホワイトホースでの満面の笑みも可愛くて。
ラインダンスは真ん中ばっかり見てたよ。
こないだちょうど群盗見たばっかりだったから、芝居も好演してたから余計に胸に込み上げるものがある😭

なつくん!今まで芝居にダンスに沢山トキメキ貰ってましたありがとう!
宝塚生活お疲れさまでした。
今後の人生も幸せに過ごせますように。

2019年12月~2020年2月

年をまたぎまして3か月分のまとめ。

12月
前にもちょっと書いたかな。
私の遠征は11月で終わってたので12月は大人しく色々内職してた。初タカスぺをライビュで観たけどライビュ画質あまり良くなかったのでいつか現地行きたいなあ。

年度末まで宝塚に浸ってた。楽しい年末でした♥

hahacha01.hatenablog.com


1月,2月
東京公演が始まるとのことでお正月から日比谷に通ってた。何往復してたかなんて考えたくもないね♥
贔屓が全力で頑張ってたので私も全力で追いかける日々でした。幸せをたくさん頂いた。いつもありがとう!!

▼お芝居
だんだんと下級生ばっかり見るようになって「これが沼か」と実感した。
元気いっぱいな下級生が可愛いし顔が分かるようになると1人1人の違いとか少しずつ把握して。
今後の宙組がより楽しめそう。楽しかった!

hahacha01.hatenablog.com


▼ショー
こういうの待ってた!私の元祖はPHOENIX宝塚なのでギラギラ宙男最高に好きなんです!
ギラギラの中に可愛さも混ぜ込んでくるのでギャップ沢山感じて辛かった。超好き。組子1人1人が活躍していて輝いていたし、何よりプロローグと客席降りが良かった!!2階席もおいていかない天才的な振り付けだったよね!!2階は客席降りっていつも蚊帳の外なんだけど今回はむしろ2階の方が一帯にウインク貰えたりしてお得感もあった。可愛い下級生も眺められたし良き良きでした!

hahacha01.hatenablog.com


2月は世間を騒がしてるウイルスの件でまあ色々あって体調崩した日もありました。でも贔屓の笑顔に救われて頑張ろうって思って。結果的になんとか元気取り戻し宙組と共に千秋楽まで無事に走り抜けることができました!

宙組をシンプルに愛してる。
別箱初日月無事開幕しますことを全力で祈ってます。

宙組東京公演感想(ショー)

こんばんは。
ついに宝塚も休演。複雑だけど仕方ないことだよね。少しでも早く事態が落ち着いて上演再開できますように…


前回の続きです。宙組アクアヴィーテの感想文。


おかげさまでエイトモルツのこたち把握できました。誠にありがとうございました!
そらちゃんブリドリでおぼえたあのんくんとなつくん、全ツ組こなんにひなこにいとゆ。あとどってぃ。初めてちゃんと知った雪輝くんと琉稀くんの8人、雪輝くん探し(芝居)難しかったけどマイ楽まで探し続けて何とか見つけた良かった☺️

2
真風さんせりあがり。舞台上の贔屓が可愛くてキザに決めてて楽しそうでしあわせ🍀プロローグの振付は見れば見るほどハマるやつ。衣装キラキラで真風さんだけ開襟ってとこも良き。下級生とか特にバーカウンターから降りてくる勢い良くてかわいい。特にあられのリズムに乗ってくる勢いのよさが好き。
指差しウインクがめっちゃ好き!みんな上の方も見てウインクくれるから置いてきぼりにならず楽しかった!こんなに2階席も楽しめるなんて素晴らしい。羽山先生と宙組生のみなさま本当にありがとう😭✨キヨの濃厚なウインク被弾してかっこよすぎてしんだりご贔屓のウインク&指差しゾーンにも何度も入れてそのたびに嬉しくなったり。目があった!見てくれた!と勘違いできる場面が多かったしみんなの楽しそうな笑顔から幸せいっぱい貰えるプロローグだった😊思い残すことはなにもない。

スーパーまどちタイムのエイトモルツ、お姉さまたちと踊ってるのめっちゃ可愛くない?気合い入れて手を差し出すのに相手にされないとこもこれまた可愛くて。拍手するかオペラ使うかで常に迷いながら過ごしてきた。

4
ビースト!格好良く踊る子がいると思えばもえこだし、ニヤリと笑ってオペラすいっと奪うわんたがいるし、全身で楽しさあらわすあられがいるし。スマートに踊るさおちゃんやキレキレなっつにいっぷーなどなど。特に上手勢大好きでどこ見たら良いのか分からんくて記憶あやふや。たぶん全員見れたはずだけど名前上げられてない子ごめん。幕上がるとき(ゆいちぃ登場シーンの直前)に絡んでるもえあられが可愛すぎて毎度しんでた。
娘ちゃんたちもにゃんにゃんしてて可愛いし。幕開け段の上で絡んでる夢白ちゃんとひろこかわいすぎやし??なんなんどこ見れば良いの!!って感じ。
デュエットはもえあやが最高。クールな余裕たっぷりなもえこが今回もかっこいいし顎撫でられて気持ち良さそうにもえこにじゃれる夢白ちゃん超可愛い。そしてなによりみつめあうふたりがかわいいの極み。普通に夢白ちゃんのウインクくらって「格好いい!」とときめいた日もあったし良きコンビでした!
細かいとこだとわんたが娘ちゃん呼ぶときの手の動き方がかっこよかった。あられちゃんとこのペアも笑顔溢れててほっぺたつつき合ったりしててめっちゃ可愛かった!どっちもお名前教えてもらったんだけど思い出せない悲しみ😵ひろことさおさんも元気×クールという感じで好きでしたん。

5
スモーキーナイト。積極的なららちゃんたくさん見れたので萌えをたくさん充電できた❤️あーちゃんの対応も数通りあって天才。「ららは俺の女」感だしてるけど絶対的に酒の方が優先順位高かったのには笑った。そーゆーとこららちゃんからの気持ち確信してるからこその余裕って感じするの、ほんとずるい。らぶらぶなあーららちゃん超可愛かった。あーちゃんからの投げキス全部拾ってお返しするららちゃんもマジかわいくて好きでした。距離感最高😂
真風さんの「最悪💢」が1回だけオンマイクで聞けたのでこれが例のやつ?って気持ちに。貴重な回でしたたぶん。
千秋楽、もんちに抱き付く娘ちゃんを見て「俺も!」といこうとしたら「お前はちょっと」って感じに真顔で拒否されてるあーちゃんが面白かったですね忘れられない。ちょっと拗ねてた?映ってたらいいなあ。

6
どの角度から見てても絶対目が合うずんさまマジック。必ず1度止まってくださるので、上手席の日は毎度心撃ち抜かれてたな。何故か目が合うんだもん……締めの重たいウインクも好き……正面からくらってみたい……
幕上がって皆で踊ってるときの贔屓の表情がかわいくて凄い癒される。えまさんが銀橋渡られる時に羽振ってついてくずんちゃんがマジ子犬できゃわいい。ギャップ最高😂
キキ×夢白ちゃんと真風さん×まどちのデュエットダンス。ここは東京初見がトラブル回
(皆が舞台からハケてキキちゃんが銀橋から戻ったとき、後ろの舞台セットの電気消えていて真風さん達出てこず。オケboxでは赤いランプがぐるぐる回ってた。1度幕下げて5分ぐらいで再開。幕降りるときにオケに合わせてターンしたキキちゃんが綺麗すぎて目を奪われたし一瞬そういう演出かと思った)
だったので、それ以降はいつ幕が降りてくるのかなと思いながら観劇してた。あの日のキキちゃんがずっと忘れられない。
(余談だけど2月の雪組さんでも舞台トラブルあったそうで?そっちは舞台裏の声とかも入ってしまったみたいで。雪は芝居の一場面だから宙とはパターン違うんだけどさ、キキちゃんの対応も素敵だったんだよと雪担さんに伝えたい気持ちを抑えながら該当ツイート見てました。2ヶ月続いてトラブルって相当老朽化?してるんやろし2021の東京宝塚劇場お休みも確かに必要だなと思う出来事でした。来年のスケジュールはよ欲しいなあ。)
ウィスキーはお好きでしょに関しては頭のなかずんさま一色。というのも私が見た下手席がずんさまの狩猟範囲で、 にっこりエア乾杯してくださった笑顔がかっこよくて素敵すぎてどきゅんといきまして。贔屓ではなくずんさまに何度オペラ奪われたことか。気づけば呼びかた変わったのもしょうがないよね😊客席降りの曲流れた瞬間に思いっきり笑顔弾けるとこも好きすぎる!
客席降りはちゃんと生徒さんと乾杯できました☺️初期だったのでわりと勢い良く、そして笑顔で乾杯してくれて嬉しかった✨贔屓に関しては楽しそうに乾杯してる現場見れたので満足。2階なら舞台上の下級生を見てれば良いし寂しくはなかったな。下級生は「今からいくよ!」って目線くれてから乾杯してくれたしめっちゃ頑張って2階見てくれてた。そういう振付だとしても嬉しかった。しかもみんな笑顔だったのでとても可愛くて…廃れた心が浄化されて全力で癒される時間でした。あっという間に終わってしまうのが惜しかった。もうちょい眺めてたかったなあ…。たぶん私がよくみてたのはおかゆとるきくん。可愛かった❤️

7
ウィスキーボンボン🍫終盤に気づいたんだけど真ん中に踊れる子集めてたんだね?キヨとかあられとか。ずっとそらあーもえ1画面におさめて3人見ることに楽しんでたので、周りの配置にもっと早く気づけばさらに楽しめたかな?ラスト決めポーズであーもえが対になってたことに泣きそうになった。残してくれてありがとう……
皆で固まって1列ウェーブになるとこ、もえこの膝折芸がたまらなく愛しい。他そっちのけでもえこばっか見ちゃう。ハイタッチするもえあられもとっても可愛いね❤️

8
タースト。東京の成果として上手勢は把握できたので目標達成ということにします(激甘)いやだって最初輪郭で分かるのりんきらさんとさおちゃんぐらいやったんよ?ちゃんと分かる子増えたもん成長したよね?ここも基本的にわんたオペラでした。タバコ持ってタンゴ踊るわんた超格好良くて死。終盤であきもを何人かでリフトして真風さんの後ろに下ろすんだけど、下ろす瞬間ニヤッて笑うその表情で不気味さが強調されてるとこも好き。心掴んで離してくれない罪な子です😂舞台はけるときにお片付けしていく姿見れば下級生なんだけどね~踊り出すと凄いかっこいいからもうオペラ離せない~
あと真ん中で佇むイケメン誰だと追ったらかなこさんだったときは衝撃うけたな。立ってるだけで伝わる格好よさは流石です!!

9
響。なんだろう今回1番好きな場面かもしれない。それぞれのピックアップでウィスキー作っていき、全員出て来て渦巻きみたいにフォーメーション変わるとこが凄い好き。最初思いっきり舞台上に広がってるんだけど、渦巻きながら縦横綺麗に移動して、最後中心にまとまるので圧倒される。その後真風さん競り上がってきて中心にして囲んで踊るとこも宙組の団結力を感じれて好き。何より衣装がキラキラしていて光反射して輝いてる所も良い!!花びらが降ってくるのも綺麗で!!真風さんのキラキラが倍増されて!!熟成されて美味しいウィスキーが出来上がったんだねと納得させるパフォーマンスだと思います。あと、今の今まで楽しそうに踊ってた組子達が真剣な表情で踊ってるのにもぐっときてました。
響は2階から見た方が好きになる。大勢のなかでひときわ輝いて全力で気持ち込めて踊ってる贔屓を眺めながら彼女への気持ちを再確認する毎日でした。千秋楽も安定のかっこよさと力強さを感じて最高だった。大好き!!


10
もえこ~~!!!好きだ~~!!
伸びやかに笑顔で歌い踊るもえこが素敵。ほんと心地よい歌声してるよねえ。ロケットはまんなかなつくんがとっても可愛くて初見動揺しっぱなしだった。両サイドの娘役ちゃんがちっちゃくて可愛かった!上手は判明したけど下手はどなただったんだろう?気になる。

11
大階段黒燕尾男役×爽やかカラーな娘役=最高
黒燕尾で降りてくる宙男が最高に素敵だったかっこよかった。ここの贔屓は私の理想ドンピシャなので好きとしか言えないのです。うまい言葉が出てこなくてあんまり話題に出さなかったけど相当好きです。理想とは別にこの場面は贔屓らしさ全開なので「これだから彼女が好きなんだ」って思って毎回見るたびに惚れ直してた。娘役ちゃんリードするデュエットダンスって良いよね💕

キキちゃんの歌。星花時代を良く知らないのだけど、彼女凄い歌上手くなったよね?そんな歌でデュエット踊るまかまどちゃんがキラキラしてて「うちのトップ最高だな☺️」と思うのでした。薔薇もらって幸せそうなまどちが大好きだしそんな彼女がうちのトップでいることが幸せ!

12
フィナーレのエトワールはおさよちゃん!綺麗で伸びやかで笑顔と歌声に癒されておりました!


本当に楽しいショーでした!!念願のオリジナルショーとのことでキラキラ新調服。真風さんはもちろん下級生も目立つ場面があって輝いていて。宙組生の魅力と笑顔がいっぱい詰まってたし時間が一瞬で過ぎ去った。かわいい場面とかっこいい場面がうまい具合に入り乱れてたのもポイント高い。場面ごとに変化していく雰囲気と表情(と髪型)を追えて宙担にとってお買い得な演目だったかと。次一本ものだからと通ったけど何度見ても観劇終わったあとの満足感が半端なくて最高だった。やっぱり私は宙組のギラギラショーが1番大好きだなって思った💓♥️❤️またやって欲しい💓♥️❤️


次回作サパと壮麗帝はどちらも観劇予定。どちらも東京初日が3末なので世間の状態がどうなってるかで上演有無決まるのかな…無事上演できることを祈りながら私も体調管理気を付けたいと思います。